時期になるととても美味しカツオのたたきですが少し生臭かったりしてしまうと当たらないか心配になったりもします。
鮮度をしっかりと見極めて美味しくカツオのタタキを食べてくださいね!

鮮度の良いカツオのたたきの見分け方

カツオのたたきと言えばスーパーなどで手軽に手に入り、尚且つ値段が安いのが特徴です。
夕飯の一品や晩酌のアテなどによく購入される魚かと思います。

少し時間が経っていしまいあまり美味しくなかったという経験はありませんか?

しっかりと鮮度の良いものを選べば美味しいカツオを食べることができます!
鮮度の見分け方を挙げていきましょう。

大まかに分けると一般的なパックのカツオのたたきの場合は、

出来るだけ柵取りしてある物を選ぶ

身がより赤いものを選ぶ

容器に汁が出ていないものを選ぶ

この三つに注意して一つづつ見ていきましょう。

 

柵取りしている物を選ぶ

一番最初の柵取りしてある物を選ぶ際ですが注意点がもう一つあります。
それはしっかりと断面も確認することです。カツオのたたきはご存知のとおり表面が
炙られていて中の身が確認しにくいので断面もしっかりと見ましょう。

切り分けられている物はそのまま手を加えずに食べれるのでお手軽ですが
その分空気に触れている面も多いので痛みのスピードも速くなってしまいます。

少し手間かもしれませんが柵のカツオのたたきが売っていればお家で切り分けることを
お勧めします。

 

身が赤いものを選ぶ

次に身がより赤いものを選ぶようにしましょう。カツオは足の早い(鮮度の落ちが早い)魚なので
すぐに身が変色してしまいます。黒っぽくなっていたりしたらやめておきましょう。
それともう一つありますがカツオのたたきの
断面が虹色になっているのは鮮度が悪いのとは全く関係ありませんので心配は無用です。

あれはビリベルジンという胆汁色素で鮮度や食べる分には全く問題はありません。
むしろそれがあるほうが鮮度がいいんじゃないのかと思います。
それが出ているということは捌かれてから時間が経っていないと考えられますから。

容器に水分が出ていないか

最後に容器に汁が溜まっていないか良く確認しましょう。
カツオだけではなく他の魚でも同じですが時間が経つと身から水分が抜けてしまいます。

見分ける際は容器をそっと傾けてみてください。一目瞭然で分かります。
旨味成分等も一緒に出てしまっているのかもしれません。

冷凍の真空パックはお勧めしない

スーパーなどの冷凍のパック詰めのカツオのたたきですが
よっぽどのことがない限りお勧めしません。

私だけかもしれませんが今まで当たりを引いたことがありません。
解凍するのにも時間がかかりますしあんまり美味しいと思ったことがありません。

 

スーパーなどで購入する際は是非参考にしてください!
皆さんが美味しいカツオのたたきを食べれますように!

※その後無事に出会いました(笑)
カツオのたたきの切り方の記事ですがどうぞ。
↓↓↓

美味しい真空パックのカツオに出会った、、、