高級魚のどぐろの値段の相場は?

のどぐろは漁獲量が少ないので、今のように輸送技術が発達していなかった時代は、地元でしか食べられない希少な魚でした。
現在でも漁獲量は少なく、しかもここ数年は減少しているので、未だに幻の高級魚です。
赤い宝石とまで呼ばれるのどぐろの相場は、果たしていくらなのでしょうか?のどぐろを購入するときの参考にして下さいね。

のどぐろの値段の相場はいくら?

魚の値段は大きさによって変わります。一般的に「大きい食材は大味になる」と言われますが、のどぐろの場合には当てはまりません。
のどぐろは、大きなものの方が脂ののりが良いので、大きなものほど高級です。
のどぐろは人気の高級魚なので、値段は年々上昇傾向にあります。
ハッキリ言って高級魚の中でも超がつくほど高級です。養殖されていないので、すべて天然物なのも値段が高い理由です。

国内産のどぐろの値段の目安は、
100g前後ののどぐろが200~300円
150gくらいの大きさになると1,000~1,200円

200~300g前後で2,800円
300~400gで3,000~4,000円
400~500gだと6,000~7,000円

600g以上になると10,000円を超えることも。
確かに超高級魚ですね。ちなみに、ここにあげた相場はあくまでも目安です。
その年の天候などによって漁獲量が変わるので、値段も毎年変動します。
その年によっては、もっと安い価格で購入できることもあるかもしれませんよ。

なぜのどぐろは値段が高いの?

 

マグロや鯛と比べても値段が高めののどぐろですが、昔はとても安い魚で、地元の人たちの間では雑魚と言われていたそうです。
のどぐろの値段が高くなったのは、グルメ番組などの影響で「地元でしか手に入らない高級魚」として紹介されたことが原因ですね。
値段が高くても買う人が増えたので、全国的に価格が上がったのです。
また、のどぐろは水温の変化や、エサとなるプランクトンの量などで漁獲量が減ってきていることも、値段が高い理由です。

100gはどのくらい?

100gくらいの大きさののどぐろなら200~300円で買えるんじゃない!と喜んではいけません。
コンビニのおにぎりが約110gですから、100gののどぐろがどれほど小さいか分かりますね。
しかも、魚には頭やしっぽ、骨があります。100gの魚なら、食べられる部分は半分の50g以下でしょう。
さらに、焼き魚にすると水分が飛ぶので、食べられる量はさらに少なくなります。
ステーキなら150~200gでも十分に満足できるかもしれませんが、魚の場合は、可食部(食べることができる部位)がどのくらいか考えて購入しないといけません。
2、3人で食べるなら少なくても300g、4人以上で食べるなら500g以上は欲しいところですね。
ただし、のどぐろは脂が多い魚なので、あっさりした味が好きな人やお子さん、小食の人は少ない量でも十分に満足できるかもしれません。

のどぐろの値段は旬によって変わるの?

のどぐろの旬についてはいろいろな意見がありますが、獲れる場所によって、旬と言われている時期が違います。
果物や野菜なら旬の時期が分かりやすいですが、魚は広い海を泳いでいますから、そもそも旬という考え自体がナンセンス。
普通は、脂が最ものっている時期が魚の旬とされていますが、のどぐろの場合は、1年中いつでも脂がのっているので厳密に言えば旬はありません。
1年中いつ食べても美味しい魚なんです。
旬だから高いとか、旬を過ぎれば安いということはないので、買い時を考える必要はありませんよ。
1年中いつでも食べたい時が買い時です!ただ、お盆や年末などは値段が倍近くになることもあるため、注意してください。

通販サイトで人気ののどぐろのサイズは?

ネット通販で見ると、鮮魚の場合、1匹200~250gくらいの小ぶりののどぐろが人気のようですね。
値段が高いことも原因ですが、脂が多い魚なので、他の魚と比べて割と少ない量でも満足できることも一因のようです。
400g以上の大きさになると、市場にあまり出回らないことも原因のようです。

リーズナブルにのどぐろを食べたい!

1匹あたりが大きいと値段も高くなりますが、小さめサイズののどぐろが多数入っているセットなら、値段はその分お安くなります。
また、豆のどぐろといって、のどぐろの赤ちゃんになると1匹あたり50gほどのリーズナブルな値段で販売されています。
成魚と比べると脂ののりはあまり良くありませんが、のどぐろの雰囲気は味わえますよ。
あっさりした味が好きな人には、むしろおすすめですね。
豆のどぐろは、あまり店頭では見かけません。産地の漁港や港町の店舗では販売されています。
ネット通販でも販売されていることがあるので、見つけたら試してみてくださいね。

安いのどぐろの中には、国産ではなく韓国産のものもあります。
同じ日本海で獲れたものなので、値段は少し安くても品質にあまり差はありません。
お得に買いたい時は試してみるといいですよ。

おすすめの記事