【のどぐろの大きさと味の関係】おすすめの食べ方も紹介

高級魚の「のどぐろ」ですが、最近では東京にも「のどぐろ専門店」が出店するほど人気の魚となっていますよね。
でも、関東圏のスーパーでは見かける機会が少なく、どんな大きさののどぐろを選べばよいのか、
どんな食べ方をすればよいか、分からないという人は少なくないはず。
大きさによって味わいが違うので、サイズによって食べ方を変えるとよいって知っていましたか?

のどぐろってどんな魚?

アカムツの別名で、スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科の魚です。
ホタルジャコってあまり聞かない名前ですよね。ホタルジャコ科の魚はやや深めの海に生息しています。
今ではアカムツと言うよりも、のどぐろと言う別名の方が有名ですが、
別名は他にもたくさんあって、アカウオ、ギョウスン、メキンなど、地方によりいろいろな名前で呼ばれています。

「のどぐろ」の名は口の中が黒いことに由来しています。
英語でも「Blackthroat seaperch」(喉が黒いスズキ)と呼ばれるんですよ。
インパクトがある見た目を名前にするのは万国共通ですね。実は、のどぐろは喉の中だけでなく、内臓も黒いんですよ。
ちょっと間違えたら「腹黒」なんて別名になっていたかもしれませんよね。

のどぐろの大きさ

一般的なのどぐろの大きさは200gくらいです。
200gと言えば大きなさんまくらいですから、かなり食べ応えがあります。
しかも、のどぐろは脂の多い魚なので、小食の人なら200gサイズでも1人で食べきれないかもしれません。
ですが、100g以下のサイズになると食べられる部分がほとんどなく、脂ものっていないので、
小ぶりでも150gくらいは欲しいですね。300gサイズになると、半身ずつ2人で食べても十分満足できます。
400~600gの大物ともなれば、3~4人で食べられます。このクラスはなかなかお目にかかれません。
それ以上の大きさともなると、1匹10,000円以上のお値段がつきます。

リーズナブルに食べたいなら干物がおすすめ

鮮魚ではなかなか手に入らないのどぐろですが、少しでもリーズナブルに買いたいなら、干物がおすすめですよ。
通販なら、120~160gの小さめののどぐろ干物が1枚あたり1,200円からというリーズナブルな値段で食べられます。
200~250gくらいの大きさだと1枚あたり3,100円くらいから購入できます(ただし、漁獲量、季節などによって値段は変わります)。
鮮魚だと傷みやすいのどぐろも、干物なら日持ちするのもいいですね。

大きさによって味はどう違うの?大きさで食べ方を変える方がいい?

のどぐろはもともと脂の多い魚ですが、大きくなるほど脂の量は多くなり、その分値段も高くなります。
サイズの大きなものを塩焼きにすると、脂がどんどん出てくるので焦げやすく、身崩れしやすくなります。
焼き魚にするなら、小さめのサイズを選ぶのがおすすめです。
小さいサイズでも十分に脂がのっていて、とろけるような食感ですよ。
ご家庭では魚焼きグリルで焼くのがベターですが、脂が多いので後始末がちょっと大変です。
100g以下の小さいサイズなら比較的脂が少ないので、骨ごと唐揚げにしましょう。
フグの唐揚げより美味しいという人もいますよ。

大きなサイズののどぐろは、脂がのっているので、刺身で食べるのがおすすめ。
脂の旨みがじわっと口いっぱいに広がりますよ。旬の時期にはトロのように脂がのって、旨みが強くなります。
のどぐろは傷みやすい魚なので、刺身にするなら、獲れたその日のうちに調理しましょう。
大きめのサイズなら、ぶつ切りにしてお鍋にするのもいいですね。
濃厚な旨みがあるので、お好みの野菜と一緒に、日本酒と塩だけで味付けするのがいいですよ。
フグ鍋に匹敵するほどの美味しさです。
出汁に旨みが出ているので、最後は雑炊で、一滴残さずのどぐろの旨みを堪能しましょう。

のどぐろおすすめの食べ方は?

白身のトロと言われるほど脂が多いのどぐろは、刺身でも美味しいですが、焼いたり煮たりするのがおすすめです。
自宅で調理するなら、手軽に食べられる干物や塩焼きがいいですね。
白身魚とは思えないほどジューシーですよ。
濃いめの味付けで、甘辛く煮つけにするのもいいものです。
コクがあるので、負けないようにしっかり味付けするのがポイントです。

のどぐろの身は熱を通しても硬くなりにくいので、先述した鍋もおすすめです。
のどぐろで有名な島根県の浜田市では、脂ののったのどぐろをしゃぶしゃぶにして食べるそうです。
のどぐろのアラでとった出汁に、新鮮な身をくぐらせると、プリプリした食感になり、旨みが凝縮されます。
旨みが溶け出したお出汁は雑炊にしましょう。

あっさりと食べたい人なら、皮霜降りにしてポン酢で食べるのもいいですね。
三枚におろしたら、皮にサッと熱湯をかけて、氷水で締めるだけ。
キッチンペーパーでしっかり水分を切ったらお好みの厚さに切りましょう。
霜降りにすると皮が柔らかくなり、余分な脂が落ちるので食べやすくなりますよ。
いろいろな調理法で楽しめる魚なので、ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事