花咲ガニってどうやって食べる?解体方法とおすすめの食べ方

北海道で人気のカニといえば、花咲ガニです。北海道ではよく食べられるというカニですが、目にしたことがない人がほとんどだと思います。

 

しかし最近ではインターネットが普及したこともあり、花咲ガニの知名度もどんどん上がってきています。とはいえ、ほとんどの人にとって未知の食材のため、普段食べているカニと食べ方に違いはあるのか気になりますよね。

花咲ガニを食べる前に【解体編】

準備するものは、キッチン用ハサミ(包丁でも可)、軍手、タオルや新聞紙になります。慣れていない人は怪我をすることもあるので、持っている人はしっかり軍手を着用して作業するようにしましょう。軍手がない場合は小さめのタオルで覆っても怪我防止になりますよ。

花咲ガニを部位ごとにバラバラにしていく

まずは、花咲ガニの足をハサミで切っていきます。用意しているタオルや新聞紙の上にカニを置いてください。グラグラしている場所や不安定なシンクなどの淵に当てたりするのは危険なため、必ず平らなところで作業するようにしましょう。

作業するときに注意してほしいことは、花咲ガニの甲羅や足にある棘です。棘は鋭く力を入れて掴むと怪我をする恐れがあります。注意しながらカニの足を持ち、腹の部分を下にして足の関節にある少し柔らかくなっている場所を切っていきます。柔らかくなっている部分なので、そこまで力を入れなくても切り落とすことができるでしょう。しかし角度によっては力の入った勢いで棘が飛んでしまう可能性があります。

ふんどし部分と甲羅を取り外す

胴体から足を全て外し終えたら花咲ガニのふんどし部分を剥いていきます。花咲ガニのふんどしはお腹にある三角形になっている部分です。ここに指をかけて手前に引くだけで、ふんどしは綺麗に外れます。

 

外すと卵が出てくることがありますが、これは花咲ガニのメスについているものです。この部分も食べることができるので、捨てないように注意しましょう。甲羅もふんどしと同じように指を引っ掛けて外していきます。このときに少し力を入れなくてはいけないので、飛び散らないように気をつけましょう。

お腹を上にしてゆっくり引き上げると甲羅の部分にカニミソが溜まります。少し緩めのミソなので、こぼさないように気をつけましょう。全て外れたら、お腹の部分にカニのエラが付いているのがわかります。これは食べることができませんので、手で剥くようにしてください。

胴体と足を切ってより身を取り出しやすく

甲羅を外した胴体にも身がたっぷり詰まっています。まずは胴体を半分にしていきましょう。

 

お腹部分である柔らかい方を上にして少しずつハサミで切っていきます。半分になったあとは、足がついていた部分へ切り込みを入れていくことで、全ての足の付け根から身が取り出しやすくなりますよ。足はカニのハサミとは反対から少しずつ刃を入れていきましょう。ちゃんと切れたら足がパカッと開いてくれます。あとはそのまま取り出すだけです。

花咲ガニの美味しい食べ方

花咲ガニはそのままが一番美味しい!

一番美味しい食べ方は、シンプルにそのまま食べること!花咲ガニはとにかく味が濃く、しっかりとカニの美味しさを味わうことができます。味がしっかりしているためお酒との相性が抜群です。ポン酢などを少しかけて食べると一味違う花咲ガニを味わうことができますよ。

残った身をアレンジしても美味しい料理に

カニの足の部分は殻に身を残さず食べられますが、胴体の部分は難しい場合もあります。そんな時は身を残したまま味噌汁などの汁物にしても美味しいです。食べ切れない足の部分も具として入れてもいいですね。花咲カニの深い旨みが口に入れた瞬間に感じられますよ。

グラタンに入れてリッチな気分を味わうのも◎

花咲ガニを丸ごと一匹解体すると、2~3人前程度の量になります。食べきれなかった場合は、グラタンなどの洋食アレンジで少し贅沢な気分を味わうのもいいですね。グラタンはお父さんお母さんだけではなく、子供にも人気のメニューなのでみんなで美味しく味わえます。普段作っているグラタンに入れるだけで簡単にできてしまうところもポイントです。味に深みがでて、カニの香りを十分に感じられますよ。

 

カニチャーハンもおすすめ!

花咲ガニは味が濃いのでお酒に合うと上記で説明しましたが、ご飯との相性も抜群です。そのため、お家で作るチャーハンも花咲ガニの濃厚な味でレベルアップできます。カニは和洋中と、バリエーションが豊かなので料理するのが楽しくなってしまいますね。

 

花咲ガニで贅沢気分を

旨みたっぷりの花咲ガニは幻のカニとも言われるほどのカニです。今回はそんな花咲ガニの食べ方や剥き方を紹介しました。

 

アレンジ料理はどれも簡単なものばかりなので、花咲ガニを食べる際は挑戦してみてはいかがでしょうか。そして、花咲ガニを食べる時は、怪我をしないように気をつけましょうね。

おすすめの記事