美味しく毛ガニを食べたい!特徴や食べ方を知ろう

お祝いや誕生日などおめでたい日に食べたい蟹。
日本には三大蟹と呼ばれる「タラバガニ」、「ズワイガニ」、「毛ガニ」がよく知られていますね。
中でも毛ガニは濃厚な蟹みそが味わうことが出来ます。北海道では蟹といえば毛ガニと言われており、とても人気で美味しい蟹です。

毛ガニの特徴

その名の通り甲羅や脚が毛で覆われ、丸々としたフォルムの蟹です。

 

なぜ毛で覆われているのかというと、甲羅が柔らかいので体を守るためだそうです。寒い所に生息しているので主に北海道で水揚げされますが、その他にも宮城県や岩手県でも獲ることができ一年中楽しむことが出来ます。

繁殖力が弱いということと成長が遅いということから高級蟹として扱われていますが、甘くてクリーミーな蟹みそとびっしり詰まった身にはうま味が凝縮されています。片手に納まる400gほどの大きさのものが一般的ですが、あまり大きすぎると味が落ちてしまうので選ぶ基準として覚えておくといかもしれません。

毛ガニの旬はいつ

毛ガニは主に北海道沿岸、日本海に多く生息しており、北海道では1年を通して獲ることが出来ますが、その他は漁港の場所と時期によって変わります。産地は違いますが1年中美味しい蟹が水揚げされているので季節関係なく食べることが出来るのです。

美味しい毛ガニの見分け方

上記にもある通り400~600gほどの重さで甲羅自体の長さが10㎝前後のものが丁度いい大きさです。

また毛ガニは1年のうちに何度か脱皮をします。脱皮直後の蟹は体力を使い果たし、大きくなった体に中の身が追い付いていない状況で「若蟹」と呼ばれています。価格が安めなのと甘味があることから敢えて若蟹を選ぶ方もいるそう。

 

反対に脱皮から時間が経った蟹のことを「堅蟹」といいます。甲羅が固く身がたっぷり詰まった堅蟹はギフトとしてもピッタリです。もちろん生け簀にあるものが一番新鮮ですが、水揚げされてから時間が経つとどんどんうま味が逃げてしまうので、なるべく早めに茹でることをおすすめします。

毛ガニの調理法

毛ガニ自体にうま味がたっぷりあるので、食べ方としてはシンプルに塩ゆでするのが一番毛ガニを味わうことが出来ます。

毛ガニに付いている汚れをしっかり洗った後、脚が取れないよう輪ゴムや紐で固定します。鍋に2リットルほどの水と水に対して3%の量の塩を入れ、沸騰したら甲羅を下にしたままゆっくりと毛ガニを入れましょう。アルミホイルなどで落し蓋をして弱火でじっくり15~20分茹でたら完成です。軽く水で洗って熱を取りましょう。

毛ガニの食べ方

毛ガニは他の蟹に比べて甲羅が柔らかく、トゲも少ないので比較的簡単に剥くことが出来ます。

(1)キッチンバサミで体から脚を切り離します。素手でもくるっと捻れば取ることが出来ます。
(2)毛ガニのお腹にある三角形の部分を取り、その穴に親指を入れて甲羅を外します。蟹みそが流れてしまわないように甲羅は下向きにしたまま作業するのがポイントです。
(3)蟹みそをスプーンですくい甲羅に移します。

 

脚はキッチンバサミで毛の少ない下の部分に切り込みを入れれば、後は素手で剝がすことが可能です。胴体の部分は真ん中に包丁を入れ2つに分けます。脚が生えていた筒状の所にも身がびっしりあるので、そこにハサミで切り込みを入れ真っ二つにします。

 

余すところなく身を取り出したいですね。取り出した身は蟹みそをディップして食べるのも美味しいです。

蟹みその美味しい食べ方

毛ガニは肉食なので濃厚でクリーミーな蟹みそが詰まっています。

生の蟹みそももちろん美味しいですが、少し余らせて焼いて食べるのもおすすめです。甲羅に乗せたまま焼くとさらに甘味が増します。最後は甲羅に日本酒を入れ蟹みその風味が付いたお酒を味わいましょう。

 

雑炊や味噌汁、炊き込みご飯に混ぜても美味しいです。醬油などの調味料を足さなくても蟹みそだけで十分な味わいになりますよ。

甲羅は捨てない!

身と蟹みそを堪能した後は甲羅と殻も活用しちゃいましょう。

 

蟹は中だけではなく外にもうま味と栄養が詰まっているので出汁を取るには最高です。まずは甲羅と殻を出来るだけ細かく切り刻み軽く炒めます。炒めなくても十分ですが、炒めたほうが香ばしさも加わりより美味しいですね。網で焼く焼きガニのような風味が出ます。そして鍋に移し1時間程煮込みましょう。より濃厚な出汁を取りたい方は1時間以上煮込んでも大丈夫です。この時に昆布を入れ合わせだしにすることで複雑で深い味わいとなるのでおすすめです。出来上がった出汁は味噌汁や茶碗蒸し、ピラフ、ラーメンなど様々な料理に使えます。

 

毛ガニは他の蟹と比べて小ぶりですがその分うま味がたっぷり詰まっています。今まで甲羅を捨てていたという方も、隅から隅まで活用してみてください。身を食べ終わったあとも数日間楽しめるので蟹好きには堪りません。せっかく手に入れた蟹、思う存分食べつくしちゃいましょう。

 

おすすめの記事