マグロにはどんな種類があるのか?わかりやすく解説します!

一口に「マグロ」と言っても、マグロにはいくつかの種類があります。
お刺身として一般的に流通しているのは、
クロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチマグロ(バチマグロ)、キハダマグロ、ビンチョウマグロ(ビンナガ)の5種類です。
あまり知られていませんが、コシナガマグロ、クロヒレマグロという種類もあります。
さらにマグロには、「天然」と「養殖」という違いもあります。
よく知られている5種類のマグロについて、それぞれの特徴はどんなものなのでしょうか。

クロマグロ(本マグロ)

単に「マグロ」と聞いたら「本マグロ」を思い浮かべる人が多いでしょう。
庶民の食卓に上るにはなかなかハードルが高い種類のマグロですが、
やっぱりマグロと言ったら本マグロ。マグロの王様です。
正式には「クロマグロ」という名前で、その名の通り背中が黒い色をしていて、他の種類のマグロに比べると大型です。
成長すると、体長は1.5~3m、体重は大きいものでは700kgにまで達する場合もあり、大きいことが最大の特徴です。

主に北半球に生息していて、南半球にはほとんどいないと言われています。
旬は秋~冬。価格が最も高くマグロの中では最高級の種類です。
お刺身でいただくのが一番でしょう。
大海原を泳ぐ天然物は、身が締まっていてコクがあり、脂の甘みやうまみが強い味わいです。
日本では津軽海峡が良い漁場で、青森で水揚げされるものが最高級品と言われています。
初セリで億単位の値が付く、大間の本マグロが有名ですよね。

ミナミマグロ(インドマグロ)

その名の表すとおり、南半球に生息しているマグロです。
南半球の中緯度海域を高速で回遊しています。
中型の種類で、体長2m、体重は大きいもので200kg程度まで成長します。
100kgくらいのものが美味しいと言われています。見た目はクロマグロに似ていますが、
尾ビレの近くの小さいヒレが黄色いのが特徴です。
南半球の広域に生息していますが、昔はインド洋で多く水揚げされていたので、インドマグロとも呼ばれています。

 

クロマグロの次に高級なマグロです。
脂がのった濃厚な味わいと、強いうまみが特徴です。
お刺身やお寿司でいただくのが最高です。天然物は春~夏が旬となります。
日本近海には生息していませんが、冷凍技術の発達によって日本の漁船での漁獲も可能です。
「焼津ミナミマグロ」が有名で、ふるさと納税の返礼品にもなっています。

メバチマグロ

クロマグロやミナミマグロに比べて比較的価格が安く、庶民的なマグロの種類として挙げられます。
「メバチ」の名前の由来は、目が大きいことです。
英名でも目が大きいという意味のbigeyetunaと名付けられているので、大きな特徴といえるでしょう。
バチマグロとも呼ばれ、関東での流通が多くなっています。
中型の種類に分類され、体長2m、体重120kgほどです。

 

世界中どの海域にも生息していますが、赤道付近のあたたかい海に多いと言われています。
日本では宮城~九州の太平洋側に生息しており、和歌山県の那智勝浦で多く水揚げされています。
ふるさと納税の返礼品「生メバチマグロ」が有名ですね。
旬は9~11月です。メバチマグロは色が変色しにくいので、お刺身に最適です。
あっさりとした味わいとかすかな酸味が、お寿司のネタとして重宝されます。

キハダマグロ

キハダマグロはヒレが黄色く、全体的に黄色味が強いところが名前の由来になっています。
生息域は広く、全世界のあたたかい海に生息しています。日本では太平洋側で水揚げされています。
中型の種類に分類され、旬は初夏と初冬です。身は赤みが強くなくピンク色をしています。
軽くあっさりした味わいで、関西で好まれるマグロの種類となっています。
全身が赤身になっていて、トロはありません。
脂が少ないのでお寿司よりもお刺身の方が美味しくいただけます。
また、ほかのマグロよりも火を通した料理が楽しめます。
ツナ缶の原材料として使われていることでも有名です。

ビンチョウマグロ(ビンナガ)

この中では一番価格が安く、庶民的なマグロです。
ヒレが長いことからビンナガとも呼ばれています。
ほかのマグロに比べて身が白っぽく、やわらかいのが特徴です。
脂の乗ったトロの部分は「ビントロ」として回転寿司のネタで人気があります。
全世界のあたたかい海域に生息しており、旬は冬です。
体長1m前後、体重50kg前後の小型の種類に分類されます。
ツナ缶の原料にも使われています。

絶滅危惧種のマグロ

マグロのお刺身は、いまやさまざまな国で人気がありますが、
世界一のマグロ消費国は日本です。
日本市場での高値を狙った乱獲による個体数の減少から、
クロマグロ、ミナミマグロ、メバチマグロは絶滅危惧種に指定されています。
厳しい漁獲規制がなされたおかげで、個体数は増加傾向がみられるようですが、
これからも美味しいマグロを食べ続けていくために、資源を守ることと、
養殖技術が軌道に乗ることを期待したいですね。

おすすめの記事