ホタテの保存には冷凍がおすすめ!冷凍ホタテを美味しく食べる解凍方法を解説!

スーパーなどで売られている冷凍ホタテ(貝柱)。家で、ホタテのプリプリの食感を楽しみに購入する方も多いでしょう。しかし、ただ解凍すれば、いつでもホタテの新鮮な食感を楽しめるというものでもありません。

 

今回はホタテの正しい解凍方法について解説していきます。

そもそもスーパーのホタテが冷凍されているのはなぜ?

スーパーで売られているホタテのほとんどは冷凍されていることが多いですね。なぜかご存知ですか?

・鮮度を落とさないため
・生のままでは腐りやすいため
・ホタテは冷凍しても状態が変化しにくい性質を持っているため

 

以上3つの理由からホタテは冷凍されることが多いのです。

 

ちなみに、スーパーで売られている冷凍ホタテは、水揚げ後にすぐ貝柱の状態にし、それを急速冷凍することで加工されています。急速に冷凍することで鮮度が保たれ、きちんと解凍すれば新鮮なプリプリホタテを楽しめるのです!

 

ホタテの解凍方法にも色々ありますが、手間暇かければそれだけ美味しいホタテを食べられますよ。

プリプリ新鮮ホタテを食したい時におすすめの解凍方法

冷凍ホタテの解凍に最も適した解凍方法は、氷と塩を使ったものになります。

用意するもの

・深めのボール
・氷(解凍したいホタテと同量)
・塩(氷250gに対して小さじ1杯程度を目安に)
・サランラップ
・キッチンペーパー

(1)ボールに氷を入れ、氷の上に塩をかけておきます。
(2)凍ったままのホタテを(1)に入れ、サランラップでボールに封をします。
(3)そのまま常温で3時間から5時間ほど待ちます。
(4)ホタテの表面が解凍してきたようであれば、キッチンペーパーに移します。
(5)ホタテの余分な水分が全てキッチンペーパーに吸収されたら出来上がりです。

 

塩氷に浸すことでホタテが塩っ辛くなってしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、塩は少量なのでホタテに塩辛さが付くことはありません。ではなぜ塩を入れるのかというと、ホタテが水っぽくなるのを防ぐため、そして低温を維持するために入れるのです。いくら氷に付けるといっても真夏に生ものを常温で5時間も放置しては腐りかねません。しかし、予め氷に塩をかけておくことで、氷が無駄に解けることがなくなり、結果低温が長く維持されるのです。

 

少々面倒な方法にはなりますが、より水揚げ状態に近い、鮮度抜群のホタテを楽しみたいのであれば、この方法を試してみてください!

急ぎの時におすすめの解凍方法

新鮮なホタテは食べたいものの、そんなに時間を費やせないという時には、流水解凍を試しましょう。冷凍ホタテをそのままジップロックなどに移し入れ、袋ごと流水につけます。この時、ホタテに直接水がかからないようにするのがポイントです。直接ホタテに水がかかると、旨味成分はもちろん、栄養素なども全て流されてしまうので気を付けましょう。

手間をかけたくない時におすすめの解凍方法

流水解凍は早いですが、手間はかかります。手間をかけたくないというのであれば、冷蔵庫での解凍をおすすめします。冷凍ホタテをそのまま冷蔵庫に入れて4~6時間もすれば解凍が完了します。解凍したホタテからは解凍液と呼ばれるドリップが出るので、キッチンペーパーなどにホタテを並べ、ドリップを全て吸収させましょう。

NGな解凍方法

他にも常温解凍や電子レンジ解凍などを頭に思い浮かべる方もいるでしょう。
しかし、これらの方法はあまりおすすめできません。

常温解凍

常温解凍は、一見新鮮なホタテを再現する良い方法に思えますが、それは間違いです。常温解凍では、ドリップが大量に流れ出てしまい、ホタテはベチョベチョ状態になってしまいます。内部から流れ出すドリップは、ホタテの旨味成分や栄養も根こそぎ流してしまうので、結果として美味しくない解凍ホタテが出来上がるのです。

 

また常温解凍は時期や室温によって、腐らせる原因にもなるので、できるだけ行わないようにしましょう。

電子レンジ解凍

急いで解凍させるために電子レンジを用いているという人も多いでしょう。しかし、電子レンジ解凍はしっかり解凍しきれないことや、変に一部が焼けて固くなってしまうことがあります。

 

せっかく鮮度が高い冷凍ホタテを買っても、間違った解凍方法で鮮度を落とすのはもったいないですよね。ホタテの解凍は、計画的に行いましょう!

 

一度解凍したホタテを保存する方法とは?

スーパーなどで売られている冷凍ホタテはそこまで量が多くないので、一度の食事で全て使い切ることは難しくありません。それでも残ってしまった場合はもう一度冷凍するのが良いのでしょうか?

 

解凍後、1日から2日で使うのであればパーシャル保存がおすすめです。新鮮さを保つために、ホタテの水気は全て取り切り、サランラップで密封し、それをジップロックなどの食品保存袋に入れ、パーシャルへ。解凍後1週間ぐらいで使い切る予定であれば、ホタテを一つずつ小分けにして冷凍庫で保存しましょう。

 

ホタテは生ものなので、できる限り早く使い切るようにしましょう!

おすすめの記事