ホタテは寄生虫の心配は無い?どんな種類が安全なの?

殻付きホタテを捌くときにたまに見かける黄色いツブツブ…。これって寄生虫だよね?間違って食べてしまったら身体に害があるのかな?けれど取り除こうにも貝柱のほとんどをロストしてしまうかも。。

 

ホタテの寄生虫の種類はどんなもの?

生で食べることも多い魚介類は、やはり寄生虫の問題が気になりますよね。寄生虫には様々な種類があり、人の目には見えないほど小さくうっかり食べてしまうといったことも充分起こりうる問題ですから、ホタテを食べる際にもリスクはしっかり知っておきたいものです。

 

ホタテを手に入れる際はむき身の冷凍、ボイルされたもの、捌かれて生でパックされたもの、殻付きの活ホタテのパターンがありますが、殻付ホタテの場合には寄生虫がいる場合があるので、この点はよく心得ておきましょう。

 

ホタテの貝の表面に白いミミズのようなものが付着していたら、それはゴカイの仲間のカサネカンザシという生き物です。厳密にはこの生き物は寄生虫では無く、貝殻の表面にへばりついて生息しているだけなので無害です。食べても人体に害は無く、基本的には出荷される際に綺麗に洗われてしまっていますから、見かけることもほとんどないでしょう。

 

ただ殻付ホタテでも稚貝の場合は、コストカットのために貝を洗わずそのまま出荷されていることも多いため、カサネカンザシを目にすることは多いです。貝に虫がついていれば当然びっくりしますが、野菜に虫がついているようなものですので、取り除いてしまえば食べるのに問題はありませんよ。貝殻の中に入り込むのもごく稀です。

 

ホタテの貝殻の中に存在する寄生虫は、ホタテエラカザリと言います。その名のとおりホタテのエラに生息している寄生虫です。活ホタテを捌く際、エラは食べてはいけないとされていますが、それはこの寄生虫が存在する可能性があるからです。

 

ホタテのエラにのみ寄生する虫で人間には寄生しないことから、食べても問題は無いとされているので、この点についても理解しておくと安心ですね。ただし積極的に食べるものでもありませんし、ホタテのエラはそもそも食べる部分ではないので、捌く際も寄生虫がいないかよく観察して取り除きましょう。

 

より安心して食べられるホタテを手に入れよう

ホタテに存在する寄生虫は、たとえ食べてしまったとしても人体には無害ですが、当然積極的に食べたいものではありませんよね。そのためホタテを手に入れる際、寄生虫が心配というのであれば加工されたものを購入するのが一番安心です。

 

ホタテは殻付きの活ホタテはもちろん、ボイルや冷凍されたものがあり、加工された商品の場合は寄生虫について一切心配する必要がありません。寄生虫の心配があるのは基本的に自分で捌いて生で食べる時のみですから、加熱して調理をする場合には寄生虫のことは考えなくて大丈夫です。

 

殻付ホタテはより大振りで新鮮なホタテを食べたい時に手にすることがほとんどでしょうから、
シーフードカレーの材料としてホタテを加えたいというような場合には、ボイルされた冷凍のものなどを利用するのが手間もかからず便利ですね。

 

また、生のホタテでも缶詰ならば寄生虫が生息するエラの部分などもきれいに取り除かれているので、より安心して食べたい際にはこちらを選択すると良いでしょう。人体に害が無いとは言っても、うねうねした生き物が嫌いという人にとって寄生虫は考えただけでも鳥肌がたつものですから、自分にとってより安心して手に取れる、食べられる選択肢をきちんと理解しておくことは大切ですね。

 

寄生虫ではないものの、稚貝についたカサネカンザシを取りのぞくのが面倒、または害がないなら気にしないというのであれば、丹念に取り除いたりせずにお味噌汁にして食べても問題はありません。剥き身にする際に少しくらい混ざってしまったとしても、一つ一つ丁寧につまんで取り除かなければならないというようなことはありませんから、平気な人は神経質にならずに食べてしまっても大丈夫です。

 

ただ、人を招いて料理を振る舞う際などはやはり嫌がられてしまう可能性がありますから、殻付きの活きホタテを捌いて調理する際には、虫や寄生虫に充分配慮をしましょう。バーベキューなどで殻付きホタテを網で焼いて食べるというような時も、食べられない部分、寄生虫がいるエラの部分はきちんと取り除き、美味しく楽しくホタテを食べられるよう心掛けてくださいね。

 

生のホタテを安全安心に食べたいなら缶詰が一番

寄生虫の問題を考えると、生でホタテを食べるのはどうしても心配になってしまうというような場合には、缶詰を利用するのが一番ですよ。缶詰ならば貝から身を外してあるのはもちろん食べられない部分は綺麗に取り除かれ、貝柱とヒモの美味しい部分だけを手軽に食べることが叶います。缶詰の汁ごとそのまま調理に使えるので、ホタテの旨みを余すことなく料理に活かせるのも魅力ですね。

 

また真空パックされたものなどもあり、こういったものはより大振りの身を生で食べられるのでありがたいです。寄生虫が嫌だから生のホタテは諦めるしかないというようなことはありませんので、様々な選択肢の中から便利に加工された食品を上手く活用していってくださいね。

 

おすすめの記事