ホタテは栄養たっぷりのヘルシーな食材!痛風でも安心して食べられる?
スポンサーリンク

ホタテはビタミンB1とタウリンがたっぷり

魚介類の中でもプリプリの食感と独特の甘みで人気のホタテ。
タンパク質が豊富で低糖質のため、ダイエット中の食材としてもおすすめですが、様々な栄養のなかで特に豊富に含まれているのがビタミンB1です。
ビタミンB1は疲労回復効果が期待できる栄養なので、疲れやすい、疲れがなかなか抜けにくいといった悩みを抱える人には嬉しい栄養ですね。
糖が代謝によってエネルギーになるのを助けてくれる働きを持っていますから、エネルギーの産生を助けて毎日をより活力みなぎるものになるようサポートしてくれますよ。

 

また、ビタミンB1には脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きもあります。
集中力が落ちたりすぐに気が散ってしまったりする人も、積極的に摂取することで改善を期待できるでしょう。
ビタミンB1は水に溶けやすい栄養のため、体内に留めておくことが難しく、食物から摂取してしっかり補給することが大切です。
ホタテの場合には、加熱する際にだし汁と一緒に溶けだしてしまいやすいといった問題があるので、
調理の際はだし汁まで余すことなく食べられる炊き込みご飯や汁物などにするのがおすすめですね。

 

栄養ドリンクなどに利用される成分として良く知られているタウリンですが、この栄養はタコやイカ、貝類に多く含まれており、ホタテも例外ではありません。
タウリンはしっかり摂取することで、心臓や肝臓などの働きを高めてくれることが期待できますから、
身体がだるい、ここぞという時に踏ん張りたいという時に頼っていきたい栄養です。
また、タウリンは胆汁酸と結びつくことで血中コレステロールが消費され、血液サラサラ効果が期待できる栄養でもあります。
ドロドロ血液、血中コレステロール値が気になる人にとって嬉しい栄養ですから、ぜひホタテを積極的に食べてタウリンを摂取していきましょう。
タウリンはもともと体内でも作れる栄養ですが、それだけでは必要量に達しないため食品から取り入れることがとても大切ですよ。

ホタテにはビタミンB12も豊富に含まれています。ビタミンB12は血液の成分の一つであるヘモグロビンの産生に関与する栄養で、
ヘモグロビンは不足すると貧血になってしまう恐れがあります。
ビタミンB12をしっかり摂取することで貧血を予防、また脳や神経を正常に保つ役割を担ってくれる栄養でもあるため、神経障害なども同時に予防してくれます。
ビタミンというとどうしても野菜や果物の印象が強いですが、ホタテにも豊富に含まれているので、ぜひすすんで摂取していってくださいね。

 

ホタテには葉酸も多く含まれています。葉酸は赤血球を作り出すために大切な栄養で、ヘモグロビン同様に不足するとやはり貧血が心配になってきます。
赤血球はビタミンB12と葉酸の2つが協力することで作られることから、その点ホタテは両方の栄養を一度に摂れて理想的と言えますね。
葉酸には細胞を作る際に欠かせないDNAを合成する働きもあるなど、非常に重要な栄養なんですよ。

 

魚介類は亜鉛を多く含む食材が多いですが、ホタテもまた100g中に2.7mgの亜鉛が含まれています。
細胞の産生、代謝サポート、酵素の構成する成分の1つなど、
身体を健やかに保つために亜鉛は欠かせない栄養なので、その点においてもホタテはとても優秀な食材と言えます。
味覚を正常に保つ働きや免疫機能を助ける働きも持つなど、健やかな身体作りには欠かせない栄養なので、ホタテでしっかり摂取していってください。

 

スポンサーリンク

栄養が豊富なのは嬉しいけれど痛風は大丈夫?


ヘルシーで高たんぱく、栄養豊富な魚介類は食卓に積極的に取り入れていきたい食品ですが、一方で気になるのがプリン体です。
魚介類は他の食品と比べてプリン体の含有量が多く、尿酸値が気になる人はやはり摂り過ぎが心配になってきます。
プリン体を摂取しすぎれば尿酸値が上昇し、痛風のリスクが高まるので不安ですよね。
ホタテに含まれるプリン体は100gあたり76.5mgです。プリン体を多く含むスルメイカの186.8mg、タコの137.3mgに比べると遥かに低い数値のため
、比較的安心して食べられる食品と言えますね。プリンタ体の摂取量は1日あたり400mg以下とされているので、
尿酸値や痛風が気になるのであれば、この数値を目安にプリン体の量を計算し食事を考えていくと良いでしょう。

高プリン体食品としてはイワシやカツオ、レバーなどが挙げられますが、これらの食品は鉄分や良質なたんぱく質を多く含むことから、
高プリン体食品だからという理由で避けると栄養バランスを崩してしまいがちなので、摂取量に注意をしながら食事に取り入れていくことが大切です。
その点ホタテは豊富な栄養、プリン体の量もさほど高くないことから、
魚介類を食べたいけれど最近プリン体を摂りすぎてしまっているといった時に良い選択肢となってくれますよね。
痛風に気を遣いながら健康に食事をするために、ぜひホタテを上手に取り入れていってください。

スポンサーリンク
おすすめの記事