ホタテのウロは食べても大丈夫?鮮度と食べ方に気をつけよう

鮮度の良いホタテのウロは食べられるの?

活きホタテを手に入れると、身の付け根にある黒い部分、ウロと呼ばれる部位に目が行きますが、
これは正式には中腸線という器官で、人で言う肝臓や胃に近い働きを担う器官です。
黄みがかった身と比べるとここだけ真っ黒な色をしているので、食べても大丈夫なのか気になるところですが、結論から言えば食べても問題はありません。
しかし、この中腸線は貝が餌としているプランクトンなどの毒が濃縮、蓄積されている部分でもあるため、
基本的には食べない部分とされていますから、自分で活ホタテを捌く場合には取り除くよう心がけてくださいね。
ただ、ホタテの稚貝の場合は殻付きでの調理、盛り付けが珍しくありません。
これは稚貝の場合は人体に影響するほどの毒性を持っていないからで、
酒蒸しや味噌汁でホタテの稚貝が出された場合にはそのまま食べても問題ありませんから、安心してくださいね。

 

ウロの食べ方の注意点

ウロには貝独特の苦みがありますが、この苦みが好きという人は案外少なくありません。
ただ苦みと共にエグミもありますから、食べる際にはこの点について理解しましょう。
ウロごと調理をする場合には、食べる際に魚の骨と同じ感覚で取り除いて食べるのが普通ですので、箸で避けるなどして上手く食べてください。

 

ウロについては稚貝の場合は食べても問題ないとされていますが、成貝は食べてはいけないとされているので、この点についても理解しておきましょう。
稚貝の場合はウロ自体も小さく、溜まっている毒も少量のため身体に害はありませんが、成貝の場合は身が大きいぶんウロも大きく、
溜まっている毒性も多くなるからです。稚貝の場合も市場に出回る際に定期的にモニタリング検査が行われており、
毒性の高い場合は市場に出さないなどの仕組みが構築されているので、この点についても理解が必要です。

毒性が弱いから大丈夫、稚貝だって食べられるのだから大丈夫だろうという考えで成貝のウロを食べると貝毒に当たる可能性がありますから、
気を付けてくださいね。居酒屋の網焼きなどではホタテもウロ付きで出されることが多く、
そのまま食べてしまう人は多いですが、食べられるといってもリスクがあることには代わりありませんから、
鮮度や加熱、食べ方に関係なく避けた方が賢明であることには違いありません。

 

稚貝のウロは毒性も低く食べても大丈夫とされていますが、大量に食べれば当然取り込む毒の量も増え身体へのリスクは高まりますから、
食べる量はほどほどにしなければなりません。
過去にはホタテの稚貝を40個食べて四肢の麻痺、呼吸停止に陥って救急搬送された例もありますので気を付けましょう。
どのような食べ物でも、食べすぎれば当然身体に良くありません。
ましてウロは弱いとはいえ毒を含んだものを食べることになるわけですから、この点については良く心得て食する必要がありますよね。

ウロ以外の食べられない場所

ホタテの食べられる場所は、基本的に貝柱とヒモです。
ウロは、稚貝の場合は食べすぎないよう注意すれば食べても大丈夫で、成貝の場合は避けるといった判断が必要です。
ホタテを食べる際に気を付けなければいけないのは、実はウロだけではありません。
ウロの他にエラと呼ばれるオレンジ色の三日月形をした部分も食べられませんから、このことは良く知っておきましょう。

 

ウロが毒素の蓄積されている部分であるのに対し、エラは寄生虫が存在している可能性があります。
ホタテの寄生虫は人体に寄生することはなく無害であるものの、やはり積極的に食べたいと思う部分ではないため、できるだけ食べない方が賢明ですね。
実際、ホタテのエラについては水産業者やプロの料理人であっても食べられる、食べられないで意見がわかれる部分です。
さらに、生では食べられないけれど加熱すれば食べられるという意見もあります。
寄生虫の問題を考えれば当然食べないに越したことはありませんが、
逆に網焼きなどでエラを外して食べるというようなことは少ないですから、食べる人の判断に委ねられる部分も大きいでしょう。

 

ただ、どちらにしてもエラは生では食べられない部分ですので、この点については間違いのないよう気をつけてください。
ホタテは刺身で食べることも多いものの、その部位は貝柱とヒモに限られます。
エラを生で食べるということはまずありませんから、気をつけてくださいね。
ヒモについては貝柱同様生でそのまま、刺身として食べられますが、ぬめりや臭みが気になる部分でもあるため、塩もみの下処理が不可欠です。
軽く塩を振って揉み、そのあと水ですすぎながらぬめりをきれいに取り除きましょう。
この下処理をしっかり行うことで、ヒモを美味しく食べられるかどうかが決まります。
水ですすぐ際は強く擦ったりせず、指先で優しく処理してくださいね。
最後に氷水をさっとくぐらせると、身がしまってより美味しくなりますよ。
食べられる部分、食べられない部分をよく理解して、美味しくホタテを楽しんでくださいね。

おすすめの記事