養殖のトラフグは卵巣が無毒なのは本当?
スポンサーリンク

近年トラフグの養殖の技術が飛躍的に高まっています。
一時天然物の漁獲量が減少してもう庶民の口には入らないかと思われていたトラフグも、
養殖の普及によって比較的手頃な値段で食べることができるようになってきました。
そんな中で「養殖トラフグは天然ものと違って毒が無いらしい」という噂を耳にされたことはないでしょうか。
養殖のトラフグは価格も安くておまけに毒もないというなら、まさに良いことずくめですよね。

天然のトラフグにも毒のない個体がある

トラフグは本来卵巣を中心とした内臓に猛毒のテトロドトキシンを有しています。
また血液にもこの毒が含まれているため、少しでも血が残っている場合は身の部分も食べることができません。
そのためトラフグにはプロの職人による徐毒作業が欠かせないのです。
未だにトラフグを自分で捌いて中毒を起こし病院に運ばれる人が後を絶ちませんが、そのほとんどは素人が見よう見まねで調理した結果となっています。

 

けれど世間には天然もののトラフグを自分で捌いて無事だったという人もいるということをご存じでしょうか。
実は天然ものトラフグにも、毒のない個体というのが存在します。
幸運にもその無毒のトラフグを釣りあげた人は、身だけでなく卵巣部分を食べても何の中毒症状も起こすことはありません。

 

スポンサーリンク

トラフグが毒をもつメカニズム

そもそもトラフグは最初から毒をもっているわけではありません。
生まれたばかりのトラフグは皆無毒で、成長していくうちに体内に毒を持つようになっていきます。
なぜかというと海の中で貝など自分より小さな生き物を食べているうちに、その体に含まれている毒性の物質を蓄積していって毒化していくのです。
ですから偶々毒性のない餌だけを食べて育ったトラフグは、完全なる無毒ということになります。
また毒のある個体でも、どのような餌をどれだけ食べたかで毒の強さは変わってくるということなのです。

養殖トラフグでも無毒にするのは大変

トラフグの養殖には二種類の方法があります。
一つは海の中にいけすを作りその中でトラフグを育てる海面養殖です。
この海での養殖事業においても、無毒のトラフグを作りだすための試行錯誤が繰り返されてきました。
まずいけすの囲い網の中にトラフグの餌になるような生き物が入り込まないようにし、
それから無毒の餌だけを与えて成長を管理しようとしました。
しかし囲い網に貝が自生したり、海水を通してトラフグが毒を帯びたプランクトンを摂取してしまったため、この方法では効果が得られませんでした。

 

さらにはトラフグは体内に毒を持つことで、ウイルスや寄生虫などから身を守っているということが分かりました。
そのため十分な毒をもたずに海水にさらされているとひどいストレスを感じ、
仲間のトラフグに嚙みついてそこから毒を得ようとするのです。
そのせいでせっかく育てたトラフグが死んでしまったり、傷ついて商品価値が下がるという事態が相次ぎました。
これを防ぐため現在トラフグの養殖では全ての個体に歯切りという作業を行っています。

陸上養殖で無毒化に成功したものの

もう一つの養殖方法は、海から完全に切り離された陸上の養殖施設でトラフグを育てるというものです。
毒性物質や寄生虫のいる海水は用いず、科学的に水質を調整した水のみを使用します。
これにより遂に無毒のトラフグを育てることに成功しました。
しかしこの養殖方法はまず設備投資に莫大な費用がかかります。
そして水質調整のためのランニングコストものしかかってきます。

 

さらには非常にデリケートなトラフグは、安全な飼育水の中にいても体内に毒が無いことによるストレスを感じてしまうということが分かりました。
そのため海面養殖のフグたちと同じように嚙み合って体に傷をつけてしまう恐れがあります。
陸上養殖においても結局人の手で一匹ずつ全てのトラフグの歯切りを行わざるを得ず、これによってさらなる手間と人件費がかかってしまうのです。
こうした事情からトラフグの養殖を行う人たちは、比較的安価とされる養殖トラフグの価値を少しでも上げるべく、今各地でブランディングに力を入れています。

無毒のトラフグも肝や卵巣を食べることができない理由

海から切り離された環境で、安全な餌だけを食べて育った養殖トラフグは、理論上肝や卵巣も無毒です。
けれどまだ国内ではトラフグの肝や卵巣の提供は解禁されていません。
何故かというと、養殖なら大丈夫と解禁してしまうことで、誤って天然のトラフグの肝や卵巣を口にしてしまう人が出るからだと考えられています。
お店で普通に肝や卵巣を提供していたら、自分でトラフグを釣った人が有毒部位も食べられるのだと誤解してしまうかもしれません。
さらには市場に流通したとき、何かのミスで養殖トラフグに天然物のトラフグが紛れ込んでしまうという可能性もゼロではないでしょう。

 

こういったリスクが少しでもある限り、有毒部位の解禁はまだまだ困難であるといえます。
養殖業に携わる人たちの努力が実り、いつの日か無毒の肝や卵巣も当たり前に食べられる日がくるといいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事