トラフグの可食部位を解説、内臓を食し毒に当たらない人がいるのは本当か
スポンサーリンク

トラフグといえば絶品のふぐ料理のイメージとともに、非常に強い毒があるということでも知られています。
普通に生活していれば、ふぐの毒を過剰に恐れる必要はありません。
スーパーなどで売られているのは、プロによってきちんと処置された可食部位だけです。
とはいえ現代においても年間数十人の人がふぐの中毒で病院に搬送されているので、
やはりふぐの毒について最低限の認識は必要だといえるでしょう。
トラフグの体はどこを食べることができてどこに毒があるのか、
またそれはどのような毒なのかなど、正しい知識をもたず
「自分でふぐを捌いて食べたけど大丈夫だった」というネットの書き込みを鵜呑みにして、同じようにすることは大変危険です。

てっさとてっちりという料理名の怖い由来

ふぐのお刺身を一般的にてっさ、ふぐの鍋のことをてっちりと呼びます。
この呼び名には実は怖い由来があるのをご存じでしょうか。
かつて日本にはふぐ毒による中毒事故を防ぐため、ふぐを食べることそのものが法律で禁じられていた時代がありました。
しかし庶民は美味しいふぐを食べることがやめられず、料理屋ではお上に隠れてこっそりふぐを提供していました。
このときふぐの隠語として用いられたのが、鉄砲という言葉だったのです。
これはもちろん「当たれば死ぬ」ということからきています。
てっさは鉄砲の刺身、てっちりは鉄砲のちり鍋をそれぞれ縮めた呼び方なのですね。
ふぐの毒の恐ろしさは当時の人々にもよく知られていましたが、それでも食べたいというふぐの味への執念が感じられます。

マグ郎
最初に食べた人すごいな~

ツブ子
そんな法律があったなんて不憫な時代があったのね…
スポンサーリンク

驚異のトラフグの毒、テトロドトキシン

ふぐの中でも特に美味しいことで知られるトラフグですが、肝臓と卵巣を中心にテトロドトキシンという猛毒をもっています。
テトロドトキシンは神経毒で、摂取すると体のあらゆる器官が麻痺をおこします。
症状が進行すると呼吸器系統が働かなくなり、最悪の場合は呼吸困難で死に至ります。
致死量はわずか1mg。青酸カリの500~1,000倍という強さです。
さらにテトロドトキシンは300度の高温で加熱しても分解されませんし、酸にも強く、調理過程で無毒化することはできません。
その構造は複雑で、今現在においても有効な解毒剤が発見されていないという非常に厄介な毒なのです。

マグ郎
ペロッと舐めたらイチコロやな。

ツブ子
免許がなければ絶対に調理したらいけないわ!

トラフグの可食部位は皮・筋肉・精巣のみ

ふぐはその種類によって可食部位が異なります。
トラフグで食べることができるのは、皮・筋肉・精巣の3つだけです。
この筋肉というのが、お刺身やお鍋で食べているあの白い身の部分にあたります。
身の部分は食べられるということは知っている方も多いと思いますが、一つ注意しなくてはいけないことがあります。
トラフグは血液中にもテトロドトキシンを含んでいるため、
血が内部に残留している場合は身の部分を食べても中毒を起こしてしまうのです。
またトラフグには稀に精巣と卵巣を併せ持った両性の個体があり、
この場合は精巣も食べてはいけないとされています。このようにトラフグは安全な可食部位が少ないうえに、
実際にふぐを食べるとなるとさらに細心の注意が必要となるのです。

なぜ毒のある部位を食べて大丈夫な人がいるのか

このように大変危険なトラフグですが、
ネットには自分で釣ったトラフグを普通に家で捌いて食べたという体験談も見かけます。
適切な除毒作業もせず、中には毒があるはずの部位を食べたという人もいるのです。
この人たちはなぜ中毒を起こしていないのでしょうか。

実はふぐには、毒が全くない個体というのがあるのです。
元々ふぐ自体に毒はなく、成長していく過程で後天的に体内にテトロドトキシンを持つようになるとされています。
そのメカニズムは、海老や貝などの生き物を食べることで、そこに含まれる海の毒性物質が少しずつ蓄積されていくというもの。
トラフグの内臓や、体をめぐる血液にテトロドキシンが多く含まれているのはそのためです。
つまり中毒にならなかった人たちは、毒の餌をほとんど食べずに成長した個体を引き当てたということでしょう。
これは完全に偶然の結果ですから、その人たちの話を聞いてトラフグを自分で捌いても大丈夫なんだと思うのは間違いです。

ツブ子
宝くじを当てるくらいの確率よねw

マグ郎
ラッキーなやつやでホンマw

家庭でのふぐの調理は控えましょう

現在ふぐの中毒事故のほとんどは、家庭の中で起こっています。
海で高級品のトラフグを釣ったら、家族や友人と一緒に食べたいと思ってしまうのは無理もありません。
しかし、ふぐの調理は専門の職人さんにお任せし、安易に自分で捌かないようにしましょう。
今の時代においてもふぐの毒に有効な解毒剤は開発されておらず、自身や周りの人の命を危険にさらすことになるのです。

そしてこれも知っていて損はないと思いますが、ふぐの肉は稀にみる筋肉質で、
素人が包丁を入れても最適な身の厚さに切ることは難しいとされています。
職人さんの熟練の技術による、透き通るようなお刺身を食べたほうが確実に美味しく食べられますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事