タラバガニを1匹まるまる購入した。食べ方や剥き方はどうしたらいい?

タラバガニの解体方法

タラバガニをまるまる1匹購入した場合、自宅でタラバガニを解体しなければなりません。一般の方には少し食べ方が難しく感じるかもしれませんが、ゆっくりと順番通りに進めていけばきちんと解体することが可能です。また、タラバガニの足の部分だけを購入した時も何となく解体していませんか。手順通りに解体すればカニの身を取りこぼすことなく、きれいに食べることができますよ。

タラバガニを解体する時に必要となる道具

タラバガニの解体をする前に必要となる道具を確認しておきましょう。解体中はカニの汁や身などが手についてしまうため事前に用意しておくと良いです。必要となる道具はキッチンバサミや包丁です。周りに殻などが飛び散るため、汚れ防止にエプロンやまな板、新聞紙も用意しておきましょう。カニの殻を剥く際に素手だと手をケガしてしまうため、軍手があると良いです。

タラバガニまるまる1匹の食べ方(ボイル)

タラバガニをまるまる1匹購入した場合の解体方法の手順としては、以下のような流れになります。

1.胴体から脚を切り取る
2.ふんどしを取り出す
3.甲羅を外す
4.胴体を解体する

タラバガニということでカニみそを期待する人も多いかもしれませんが、大抵の通販ではタラバガニを購入した時にはカニみそは抜いてあります。その理由は一度塩ゆでした時にカニみそは捨ててあるからです。通常のカニと違ってタラバガニのカニみそはあまり美味しくありません。姿煮の形をしていますが、カニみそは入っていないのです。

そして上記の2つ目の工程に「ふんどし」とありますが、面白い名前ですよね。ふんどしというのは、タラバガニのお腹のあたりにあるカニの身のことです。三角の形をしていて、まるでふんどしに見えることからそう呼ばれています。ふんどしの他にも「前掛け」や「袴」と称されることもあります。

 

実はこのふんどし、1匹のカニからは1つしか取れないため大変貴重です。料亭や旅館でも提供されることは少なく、巷では高級珍味とも言われている食材なのです。ぜひタラバガニをまるまる1匹購入した時は、このふんどしをぜひ味わってみてください。タラバガニ漁師さんが大好物と言うほど美味しいですよ。

胴体から脚を切り取る

タラバガニをまるまる1匹購入した時の解体方法としては、まず胴体から脚を切り取ることから始めましょう。ハサミで切りやすいよう脚と脚の部分を手で広げて間隔を取ります。タラバガニは硬く見えますが、胴体付近の足の付け根の関節は柔らかくなっているため切りやすいです。そこをカットしてすべての脚を取り外しましょう。

ふんどしを取り出す

続いて、ふんどし(お腹部分)を取り出します。ふんどしの隙間から親指をぐっと入れてみましょう。スムーズに外れると思います。もし硬くて外せないという場合は、氷で硬くなっている場合があるためハサミで叩きましょう。もう少し自然解凍しても良いです。ハサミで叩くと解凍しきれていない氷が解けて取れるようになります。

甲羅を外す

ふんどしを外せたら今度は甲羅を外していきます。軍手をはめた手でそのままカパッと開けて胴体から取り外しましょう。取れにくい場合はハサミを使用して取るようにします。甲羅を外してみると腹節の部分が見えるので、これもハサミを使って外します。真ん中にハサミを入れて切っていくと簡単に殻が剥けますよ。エラなどの余分な部分も手やハサミなどで取り外していきましょう。

胴体を解体する

余分なものが取れたら胴体の部分にも身が詰まっているので取り出します。胴体の真ん中から真っ二つに切り分けるとキレイに剥くことができます。包丁でも構いませんが慣れていない方は、まな板に置いたカニの胴体がグラグラして危ないので、ハサミで切り取るようにしましょう。

 

ハサミで胴体を真っ二つにした後、カニの足が付いていた空洞部分にも身がたっぷり詰まっているので、これも取り出します。空洞部分と平行になるようにハサミで切っていきます。すると美味しい身がスムーズに取り出せますよ。

 

タラバガニの脚だけの食べ方(ボイル)

大きなボイル脚を購入した時に解体する手順としては、以下のようになります。

1.カニのハサミを切り落とす
2.肩肉を取り出す
3.脚の第一~第三関節を切り落とす
4.脚の身を取り出す
5.爪肉を取り出す

 

まずは柔らかい脚の付け根を狙って、ハサミですべてのカニの脚を切り落としていきましょう。続いて脚が無くなった肩肉を、脚が付いていた方の反対側が手前にくるように向けます。包丁を取り出して肩肉の半分に切れ込みを入れていき、真ん中付近で一度止めて、今度は反対側からも切れ込みを入れます。手で空けるだけで簡単にカニの身が取れますよ。

切り落とした脚身は、ハサミで第一関節と第二関節、第三関節と切り分けていきます。関節が分けられたら、それぞれ殻の部分に少し切れ込みを入れて優しくそっと取り出しましょう。第二関節と第三関節の部分が柔らかい場合は切れ込みを入れるだけでカニ身が簡単に取り出せます。

 

爪肉も食べられるので解体していきます。爪肉の爪の部分を切り落として、殻が柔らかい端部分に2か所ほど左右に切れ込みを入れればカニ身が出てきます。

おすすめの記事