タラバガニの旬と産地は?タラバガニの茹で方と美味しい食べ方をご紹介!

カニを美味しく味わう旬といえば冬のイメージですよね。
カニを代表するズワイガニやタラバガニの旬は11月頃から3月頃までですが、
タラバガニにだけは1年で旬を迎える時期が2回あるのです。
タラバガニは温暖になると海底から浮上し海岸に上がってくる習性があります。
そのため流氷の溶ける4月頃から漁獲が始まり、5月下旬頃まで旬なタラバガニを味わうことができます。
タラバガニはもともと淡白な味わいが特徴ですが、この時期のタラバガニの身は甘みが強く美味しいカニ身が味わうことができます。

タラバガニの2度目の旬

そして2度目の旬となる11月頃ですが、タラバガニが脱皮した後にしっかりと身がつまっているこの時期が旬となります。
2月頃までが旬となり、この時期のタラバガニは硬ガニとも呼ばれています。
日本の市場で出回っているタラバガニの多くは海外産のものです。
ロシア産やアラスカ産がメインとなっています。
その他カナダ産やノルウェー産のタラバガニも近年では多く出回っています。

タラバガニの産地

大きな理由の1つとなっているのが北海道近海では漁獲できるエリアや期間が限られており、たくさん漁獲することができないためです。
日本の船がオホーツク海で漁獲しているタラバガニはJIS法が定める決まりによって日本産として市場に出回ります。

同じオホーツク海で海外の船が漁獲したタラバガニは海外産として販売されています。
この決まりによって日本でのタラバガニの有名な産地は北海道となっているのです。
現在オホーツク海に日本船が入ることはほとんどできなくなっているため、
北海道産のオホーツク海タラバガニを食すことがあればとても貴重な経験になりますね。

タラバガニの美味しい食べ方

旬のタラバガニを美味しく味わえる料理といえば定番の鍋ですよね。
鍋にタラバガニを入れて好みの具材を一緒にいただく冬場の贅沢鍋はたまりませんね。
淡白な味わいのタラバガニはごまだれやポン酢を付けて食べるのもおすすめです。
さらに大ぶりなタラバガニの身をしゃぶしゃぶにして食べるのも美味しい食べ方です。
出汁のきいた鍋にお肉のしゃぶしゃぶ同様にお好きなタイミングでしゃぶしゃぶしたタラバガニを口にほおばります。
出汁を吸ったタラバガニの身がふわっとした食感で絶品です。

タラバガニの殻を半分剥いでそのままグリルやオーブンで焼くだけの簡単焼きガニもおすすめです。
15分ほど弱火から中火でじっくり焼くことでうま味が凝縮されます。
焼けたタラバガニの身にしょうゆやポン酢をたらしていただきます。
豪快にタラバガニを堪能したい人にはぜひよくしていただきたい逸品です。
殻からタラバガニの身をきれいに剥がしてフライパンにたっぷりのバターを溶かし身を炒めるだけのバター炒めは子供にもおすすめです。
バターの風味とタラバガニの淡白な味わいだけで十分美味しくいただける一品です。
塩コショウで少しパンチをきかせたりレモンでアクセントをつけるアレンジも美味しく味わえます。

少し小ぶりなタラバガニの脚などは出汁が出やすいように殻に切り込みを入れて鍋に入れ、タラバガニの出汁のきいた味噌汁もおすすめです。
出汁のアレンジとしてはほぐしたタラバガニの身と一緒にご飯と炊く炊き込みご飯もおすすめです。
カニの風味も味もそのままご飯で味わえるので子供から大人まで美味しくいただけます。
贅沢に爪の身をトッピングして食べても華やかになるので、おもてなしの料理や正月の一品にもぜひ試してみてください。

タラバガニの茹で方

丸ごと1パイのタラバガニを購入したり、お歳暮などで生のタラバガニを頂いたことはありませんか。
自宅で処理をするのは難しいと思う人も多いかもしれませんが、自宅に大きめの鍋があれば十分可能です。
まずタラバガニが入るサイズの鍋を用意します。
その鍋にタラバガニが浸るくらいのお水と3パーセントの塩を入れ沸騰させます。
沸騰した鍋に甲羅を下向きにタラバガニを入れ、再沸騰するまで火にかけます。
再度お湯が沸騰したら落し蓋をして弱火から中火で30分ほどそのまま茹でます。
差し水をする必要はなく、落し蓋がない場合はアルミホイルでも代用できます。
これだけで自宅でも簡単に生のタラバガニの処理ができます。

冷凍タラバガニを購入する際は、購入先で上手な解凍方法を紹介している場合がほとんどなので参考にしてください。
失敗せずにタラバガニを美味しく解凍することができます。
冷凍を購入すると食べたいときに食べたい分だけを使えて一度に食べきらずに便利ですよね。
基本は自然解凍で良いとされていることが多いです。
冷水などで流水解凍してしまうとせっかくのタラバガニの美味しさが半減してしまう可能性もあるので注意が必要です。

タラバガニは春先と冬のそれぞれの旬の時期に違った美味しさを味わえるカニの王様とも呼ばれる味覚です。
美味しいタラバガニをそのままいただくも良し、アレンジレシピでより美味しくいただくのもまた違ったタラバガニの美味しさが味わえます。
旬の時期の美味しいタラバガニをお好みの調理で存分に堪能して下さいね。

おすすめの記事