ズワイガニの名前の由来と地域での呼び名

冬の味覚の王者ズワイガニ

カニの中でも最も味が良いとして名高いズワイガニは、
日本海では冬に旬を迎え冬の味覚の王者ともいうべき存在です。
刺身にしても美味しく、焼いてもボイルにしても、
甘みがあり引き締まった身は食べ応えがあり濃厚な味わいを楽しむことができます。

 

ズワイガニの身はしっとりとしていて、
刺身にすると透き通った淡いピンク色をしていて
ねっとりとした濃厚な味が楽しめます。
カニ味噌(中腸線)や卵(内子・外子)までもが濃厚な味わいで丸ごと
余すことなく美味しさを堪能することが出来ます。

 

北陸では越前ガニ、山陰では松葉ガニを
はじめとして別名も多く持っています。
ズワイガニの見た目は暗赤色で、
スラリと脚が長いのが特徴です。
大きなオスでは脚を広げると70cmほどとかなりの大きさです。
スタイルの良いモデル体型で有名な
某カニ料理店の看板となっているのがこのズワイガニです。

 

甲羅の幅はオスでは最大14cmと大きいのですが、
メスはその2分の1ほどしかありません。
オスとメスでは大きさにかなり差があり、
オスの方が美味しいとされています。

ズワイガニはオスとメスで異なる呼び名で呼ばれていますが、
これだけ大きさが違うとまるで別の生き物のようであり納得ですね。
オスは、越前ガニ、松葉ガニ、ヨシガニ、間人ガニなどという
呼び名がつけられており、
メスはメガニ、親ガニ、コッペガニ、香箱ガニ、セイコガニ(セコガニ)、クロコ
などと呼ばれています。オスの名前は有名なものが多いですが、
メスの名前は耳なじみのないものが多いかもしれません。

 

ズワイガニが漁獲されるのは日本では茨城県以北の北太平洋、
オホーツク海をはじめ、ベーリング海でも獲れます。
海底の泥に住んでおり、0 ~3度ほどの冷たい水を好みます。

ズワイガニの食性は雑食性ですが、どちらかというと肉食性が強いです。
肉食とはいうものの積極的に狩りをするわけではなく、
海底に落ちてきた魚介類や生き物の屍骸を食べたり、
脱皮した自分自身の殻を食べたりもします。

 

ズワイガニは漁獲許諾サイズが定められており甲羅幅90mmを
超えたものは水揚げして良いことになっています。
それよりも小さいサイズのズワイガニは捕獲してはいけないとされています。
しかし、カレイなどの他の魚の漁などで紛れ込むことがあり、
海に戻されても生き延びられないことが多いようです。

ズワイガニの名前の由来

脚が細長い様子から、昔の言葉で細い木の枝という意味の
「楚(すわえ)」から徐々に転訛したという説が有力です。
また、ズワイガニという呼び名は市場では大型のオスに対して使われ、
メスとは区別されています。

山陰地方の鳥取県では、
日本海で漁獲される大型のズワイガニのオスのことを、
松葉ガニと呼びます。
鳥取県以外では島根、兵庫、京都などでもズワイガニの
オスを松葉ガニという呼び名で呼ぶことが多いようです。

 

このズワイガニそのものは、
日本海・オホーツク海や北太平洋の沿岸といった、
広い生息域を持つカニで全国各地でもなじみ深い種類です。

 

松葉ガニの他にも越前ガニ、加能ガニなどという名で
呼ばれることがあるものの、分類上は全て同じ種類のカニです。
同じカニでも漁獲される産地の違いで
呼び名が変わる不思議なカニだということですね。

この松葉ガニはなぜ「松葉」
という名前がつけられたのでしょうか。
これには諸説あるようです。

 

スラリとした脚の形や脚の肉がまるで松葉のように見える
食べ終わったあとに残るカニの筋が松の葉に似ている
焼いたり茹でたりする際に浜辺に落ちている松の葉を使って食べていた
氷水に活きた松葉ガニの身をつけると松の葉のように広がるため

どの説もありそうですね。

 

また、越前ガニという名称については地名が由来となっていますが、
三条西実隆によって書かれた安土桃山時代の
日記の中にある記述がその最古だといわれています。

1511年(永正15年)の3月20日に書かれた日記には
「伯少将送越前蟹一折」と、翌3月21日には
「越前蟹一折遣竜崎許了」との記述があるようです。

 

三条西実隆という人物は京都に住んでいたといわれ、
安土桃山時代には越前で漁獲された越前ガニが
遠く京都まで運ばれその存在が知られていたことがうかがえます。
越前ガニは明治時代からそれぞれの
天皇に三国港で漁獲されたカニを献上しており、
献上ガニとしても有名となっています。
献上は1922年(大正11年)から戦後にあたる3年間と
昭和天皇が崩御した年を除いて毎シーズン行われているようです。

 

その他、間人(たいざ)ガニは京都の北に位置する
丹後半島・丹後町間人(京丹後市)の間人港で
水揚げされるズワイガニを指し、漁港の名前がその由来となっています。
津居山(ついやま)ガニは兵庫県北部の津居山にある
津居山港で漁獲されたズワイガニを指し、
越前ガニと同じく地名が由来となっています。

加能ガニ(かのうガニ)は石川県沖で水揚げされるズワイガニで、
橋立漁港(加賀)や金沢港(能登)などで獲れることからこちらも
地名が由来になっているといえるでしょう。
出荷時には青色のタグがつけられます。

このように、各地ではその土地の名前や漁港の名前からとった名称が
ズワイガニの呼び名となっていることが分かります。
多くの別名がつけられるほど昔から
各地で食されてきた証ということなのかもしれませんね。

おすすめの記事