ウニの栄養と効能そして栄養を生かす食べ方
スポンサーリンク

1.ウニに含まれる主な栄養素

ウニはたんぱく質が豊富な食品です。
タンパク質は私たちの体を構成している栄養素で、臓器やホルモン、髪やつめ、筋肉などに必要なものです。
タンパク質は不足すると疲れやすくなる他、抜け毛、皮膚のたるみなど健康にも美容にも支障が出てしまいますから、とても大事な栄養と言えますね。

ウニには脂肪酸も含まれていますが、その中でも多いのは多価飽和脂肪酸です。
多価飽和脂肪酸の中にはリノール酸やαリノレン酸、またDHAやEPAなどがありますが、ウニにはDHAやEPAが含まれています。
また、アミノ酸の1種でスポーツドリンクなどにも使われるタウリンも含まれています。

ウニにはビタミンA、B群、ビタミンKなどのビタミン類も豊富ですが、その中でもビタミンAやEが豊富です。
また、ウニに含まれている葉酸はDNAを合成するのに大きな役割を果たし、赤血球の生産を促す働きもあります。

スポンサーリンク

2.ウニの効能

ウニのタンパク質は良質なので、免疫力を高めたり代謝を活発にしたり、体力を向上させるのに役立ちます。
ウニにはDHAやEPAが含まれていますが、DHAには血管壁の細胞膜を柔軟にする作用があるので血液の流れを良くしてくれます。
さらに、赤血球の細胞膜も柔らかくするので血液がさらさらになります。

DHA

DHAには中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用もありますね。
ですから、ウニを食べることで、血流の改善や高脂血症の予防効果も期待できます。
DHAは脳の神経細胞の情報伝達にも関与しているので、記憶力の維持や集中力の向上にも役立ちますね。
EPAも血液をサラサラにするので、血栓や高脂血症、心疾患や脳梗塞などの予防にも役立ちますね。

タウリン

ウニに含まれるタウリンには人の体の働きを一定にさせる恒常性維持の作用があります。
この作用があるおかげで体の機能が活発になり過ぎないように抑えられます。
逆に弱った機能は正常に戻るようにすることができます。
ですから、ウニを食べることで二日酔いを改善したり高血圧を予防したりする効果を期待できるんですね。
また、タウリンは疲労回復にも役立つと言われています。

葉酸

ウニに含まれている葉酸は、妊婦さんにとっても必要な栄養素ですね。
葉酸は赤ちゃんの脳や神経の形成にかかわるので、とても大事な栄養素です。
葉酸が足りないと流産したり、赤ちゃんに先天的な異常が現れることもあるのでぜひとも摂りたい栄養素です。
ウニに含まれている葉酸の量は、ほうれん草の約3倍と言われています。
葉酸は熱に弱い性質を持っていますが、ウニは加熱処理しなくても食べられるので、効率的に葉酸を摂取できると言えますね。

ただ、注意したいのは、妊娠中は抵抗力が落ちているため消化不良でおなかを壊したり、
食中毒になってしまう危険が高まるという点です。
ですから、妊娠中は生のウニを食べるのは控えたほうがいいですね。
加熱しても葉酸がすべて失われるわけではないですし、ほかの栄養素も摂れますから、調理して食べても無駄ではないです。
もちろん、葉酸は妊婦さん以外の人にも必要な栄養素です。
葉酸は動脈硬化や狭心症や脳卒中などの予防にも役立つので積極的に摂るといいですね。

ビタミンE

ウニに含まれているビタミンEは強い抗酸化作用があることで知られ、体内の細胞を酸化させる活性酸素の働きを抑えてくれます。
それで、美肌効果や血管と細胞の老化を防止する働きも期待できます。
心筋梗塞や動脈硬化などの予防にも役立つことが知られていますね。
ウニに含まれるビタミンAは、目や皮膚にいい栄養素です。
ですから目の疲れを改善したり、皮膚や粘膜を健康な状態に保つのに役立ちます。
免疫力をアップさせるのにも一役買っています。

3.ウニの栄養を生かす食べ方

ウニには脂溶性ビタミンであるビタミンEとビタミンAも含まれていますが、これらのビタミンは油に溶けると吸収率が上がる性質を持っています。
ですから、ビタミンEとビタミンAを効率よく摂りたい場合は、オリーブオイルなどと一緒に使った料理がいいですね。

また、ウニに含まれている葉酸は熱に弱いので、葉酸を少しも損なわずに食べるには加熱せずに生で食べるのがベストです。
また、ウニには糖質もあります。たこやエビなどにも糖質がありますが、ウニの糖質はたこやエビよりも高くなっています。
ですから、お寿司のウニやうに丼を食べる時にはご飯の糖質も加わって糖の量が増えてしまいます。
それで、糖質が気になる方はご飯の量に注意が必要ですね。

また、ウニの可食部分は生殖巣なので当然コレステロールも含まれています。
生ウニ100g中には290㎎のコレステロールが含まれています。
これは高いほうの部類に入りますが、卵だと100g中420mgなのでこれに比べると低いですね。
また、ウニは一度にたくさん食べるような食品ではないので、その意味では低カロリーと言えます。
でも、やはりコレステロールが気になるという場合は、ウニと一緒に野菜をたくさん食べるようにするといいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事