栄養が豊富なことで知られるサバ缶ですがその中に含まれる塩分の量を
ご存知でしょうか?
今回はサバ缶の塩分と料理の際に役立つ豆知識をご紹介します!

 

【サバ缶の塩分量を知ろう】

一般に知られている生のサバの塩分は100gあたりで約0.3gと言われていますが
サバ缶の方が実は塩分が多いのをご存知でしょうか。

まぁ普通に考えれば味付けをしているので当たり前のことですが、、、

多く含まれているもので1つの缶詰におよそ3g近く含まれるものもあります。
味噌煮や醤油煮はもちろんのこと水煮もある程度の塩分が含まれます。

いくら栄養が豊富とはいえ塩分を気にする方には少し心配です。
今やサバ缶を使ったレシピなどがたくさん紹介されていますがそういったことも
きちんと頭において料理をすることも大事になってくると思います。

【サバ缶の賢い料理の方法】

先ほども述べたとおりさまざまなサバ缶の料理が紹介されていますが
美味しく賢く健康に食べましょう!

1、他の調味料の量を減らす。

2、サバ缶そのものが味付け

3、なるべく手を加えずにナチュラルに

 

 

サバ缶の塩分量を考えながら料理をすることで無駄な塩分を摂らなくて良くなりますね。

 

勝手なイメージですがサバ缶自体が味付けの元になると思っているので余分なものはあまり
必要ないと考えています。

 

 

飽くまでレシピなんてものは自分で勝手に変更できちゃいますからw

 

より健康思考でサバ缶を楽しむならナチュラルに作ってしまいましょう!

【サバ缶料理に便利な豆知識】

 

より自然にと言ってもどうしても手を加えなければいけない料理もありますよね。
サバ缶のカレーとかグラタンとか、、、

 

 

これでは塩分に塩分の上乗せでちょっと摂りすぎになってしまいます。

そこで!!

便利なサバ缶があるのはご存知でしょうか!?
それは、、、

無塩サバ缶!!

 

 

無塩といっても若干塩分はありますがほんの少しです。
これを使えばちょっと味の濃い目のサバ缶料理でも気にすることなく仕上げることが出来ます。

 

そしてこの無塩のサバ缶、実は市販で販売されています!

知ってました?

 

 

気づいている方も中にはおられるでしょうが
ほとんどの方が知らないんですよねー。
無塩のサバ缶を使って料理の幅を広げていきましょう!!

【まとめ】

・生のサバよりサバ缶のほうが塩分量が多い!

・サバ缶の塩分を考えて料理すると◎

・実は無塩のサバ缶は普通にそのへんで買える!

いかがでしたでしょうか?
サバ缶が大好きな方はこの豆知識でもっとたくさんのことに挑戦してみてください!