どうも、こんにちは^^

最近魚を食べていないので今まで撮影した魚たちを眺めて楽しんでいます。
今日もまたシーチキンで我慢の魚峰です。

今日は大晦日のツバスを捌いたときの三枚卸の紹介をしようと思います。

 

まず、ウロコを取ります。
専用のウロコ取りや包丁でも良いのですがペットボトルのキャップを使うとすごく取れます。

 

ウロコを取り終わったらいったんツバスを水でキレイに洗ってあげましょう。まな板と包丁もキレイに水で流します。
頭の付け根、胸ビレのうしろ、腹にかけて斜めに包丁を入れます。

包丁を入れた図がこちら↓

反対側も同様に切れ込みを入れましょう。

 

切れ込みが頭の付け根と腹ビレの後ろでつながりますのでそこから上手に断ち切ります。このときできるだけ内臓を傷つけないように注意しましょう。

内臓には通称苦玉という胆のうがあり、破裂させると身に染み込んで色や味が変わってしまう恐れがあります。

 

次に腹を割り内臓を取り出します。
尻からでも腹側からでもどちらでもOKです。このときも内臓を傷つけないよう注意が必要です。

 

腹を開き終わったら頭を持って内臓ごと取り去ります。

こんな感じで↓

内臓の残りと血合いを水でキレイに洗います。

どうやら苦玉が破裂してしまった様です・・・黄色いのがたぶんそれかと。

僕もまだまだ素人です。

 

 

まな板を整理します。たまに魚を捌いている人の動画を見ることがありますがまな板を整理せずに捌いている所をよく見かけます。

僕は血やウロコがついた刺身を絶対に食べたくないので手間をかけても毎回きれいに整理します。

人に食べさせるならなおさらですね。魚をおいしく食べる心得です。

 

次はいよいよ三枚卸です。
まず腹側のヒレより上に一本切れ込みを入れます。包丁の道筋を作る程度ですので浅くてもOKです。

 

今度は切れ込みに沿って包丁を入れていくと骨に当たる感触がしますので骨に沿って切り込んでいきましょう。

 

次は背中側にも一本切れ込みを入れて先程と同様に骨に沿って包丁を入れていきます。

 

しっぽの方から包丁が貫通するのでそのまま切り開いてあげます。

これで二枚卸の完成です。

今回はキレイに捌けたようですb

反対側も同じ手順で行います。
これで三枚卸の完成です!

 

この後ツバスはお刺身にしていただきました^^
盛り付けの最中のつまみ食い↓

ただ皿に乗せるだけのシンプルな盛り付け。いや、もはやこれは盛り付けと言えるのだろうか・・・
ということで今回はツバスの三枚卸でした。

人によって捌き方は色々ありますが参考になれば幸いです。