前回釣ってきたキビレでお料理したいと思います。ちょっと小綺麗に仕上げようとしましたが盛り付けがどういうものなのか未だに分かっていません。もっと勉強が必要のようです。

 

 

今回料理するのはこの15センチくらいのキビレ君。おまけじゃないけど針つき。たまには普通のチヌが釣れて欲しいところですが文句を言わず進めていきましょう。

前回の記事をまだ見ていない方はこちら。
嵐の後の釣りは厳しい?ラストに小さなドラマが!

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

【用意するもの】

・キビレ

・小麦粉

・塩コショウ

・バター

・大葉

[line color=”green” style=”solid” width=”1″]

小さくて捌きにくかった・・・。

三枚おろしの工程は割愛させていただきます。では、三枚おろしが終わり二枚になった段階からいきます!

小さいですね~。なんせ15センチ位しかなかったもんですからね。皮を引いてキッチンペーパーでしっかり水気を取りましょう。

塩コショウを適量ふりかけます。両面にまんべんなくふりかけましょう。

次は小麦粉をまぶしていきます。「これでもか!!!!」くらいがちょうどいいでしょう。

フライパンにバターを適量敷きます!さぁ!テンションが上がってきたー!バターはよく溶かしてフライパン全体になじませましょう。

バターが溶けたらいよいよキビレを投入します!!じゅわっと美味しそうな音がします・・・。バターの香りもめっちゃ良い!!

 

そろそろひっくり返してもいいですか?いいですよね?私は「焼き目付いたかな~」とかいいながらフライ返しで隙間を作って覗き込むような真似はしたくありません。一撃で決めたい派なのです。

 

何も考えず自分が感じる絶妙なタイミングで一気にひっくり返してやりたいのです!

 

それではひっくり返します!

 

そ~れっ。

 

 

どやあああ!!

こんがりキツネ色で表面がはち切れんばかりにパツパツいってます!もう片方も良い感じに焼いていきましょう!

 

お皿に盛り付けて完成です!

レモンを忘れていなければもっと見栄えが良かったはず。今回は大葉を添えて盛り付けが少し進歩したと思います。

 

けどムニエルに大葉ってどうなの?考え出したらキリがない。宇宙の果てを考えている時と同じような感覚になりました。(笑)感覚で料理しているので組み合わせは何でもありじゃないかと思います!でもとてつもなく失敗したら記事にすらしないので安心してください。

 

今度はもっと大きいキビレを釣って料理がしたいなぁと考えています!もっと釣行回数を増やせるように頑張ります!

 

それでは!