こんにちは!魚峰です。本日読者さんからの記事リクエストを頂いたので早速記事にさせていただきたいと思います。

リクエスト内容は「カレイの記事を書いて欲しい」との要望でした。

もちろん喜んで!!と言ってもカレイにはたくさん種類があるので色々考えた結果このタイトルになりました。

私が漁師の頃実際に山陰地方でカレイと戯れた経験があるからです。張り切っていきます!

山陰地方三大カレイ

山陰地方で獲れるカレイにもたくさんの種類があります。その中でも主となっているカレイは3種類あります。

 

まずはヤマガレイです。

【特徴】

・うす平べったい

・カニの獲れる場所で多く獲れる

・白いヌタが出る

 

お次はアカガレイ


出展元http://www.pref.kyoto.jp/kaiyo2/akagarei.html

【特徴】

・その名の通り赤い斑点が特徴。

・こちらもカニの漁場などで獲れる。

・どちらかと言うとヒラメ寄りの怖い顔をしている。

 

最後はエテガレイ


出展元http://www.kasumi-kadoya.co.jp/blog/8732

【特徴】

・腹側に白い模様がある。

・独特のニオイがする。

 

 

この三種類のカレイが山陰地方で主に獲られているカレイになります。

さて、この中から一番を選ぶことになりますがよく考えた結果人それぞれの好みになって

しまいそうなので「絶対にこれ!」とはとても言い切れません。

 

そこで!カレイと言えば煮付け!ってことで今回は煮付けで点数をつけてみようと思います。

どのカレイが煮付けに適しているのか?私が知っている知識で挙げていこうと思います。10点満点でいきます。

私なりに点数をつけるのでご了承ください。

 

煮付けで一番美味いのは!?

カレイと言えば煮付けが思い浮かぶことでしょう。

まずはヤマガレイから味の特徴などを考察していきます。

 

最初の特徴で白いヌタが出るとありましたがウロコをひく際に同時に除去できます。

ヤマガレイは薄くて身が少ないですが食感や味に魅力があります。

繊維の細かい身とそしてヒレ周辺のトロっとした皮が特徴です。

身の剥がれも良くとても食べやすいカレイです。長ネギと一緒に煮付けるとより一層とろみが増して最高です。

 

ヤマガレイの煮付けは8点

 

次はアカガレイの煮付けです。

アカガレイの身は煮付けにするととてもふっくらしています。

ですが身の厚さがあるので味が染み込みにくいのがデメリットでもあります。

時間をかけて煮付ければ充分に染み込みますが私的にはあまり

煮付けに向いていないのかなぁと思います。なので6点で。

 

 

エテガレイの煮付けに移ります。

エテガレイは独特のニオイがあると紹介しましたがウロコを引いた後はあまり気になりません。

一番ニオイがするのは獲れたてホヤホヤの時ですね。網からドサーっと桶に移したときが最強に臭い・・・。

 

ですがそれが関係しているかは分かりませんがエテガレイは独特の味わいがあるのです!

煮付けにすると味が染みやすく、身もホクホクで食べ応えのあるカレイです。

 

ニオイが気になる場合は料理酒と生姜を多めに入れて一緒に煮付けると良いでしょう。

エテガレイの煮付けはズバリ10点!!

 

ということで山陰三大カレイで一番美味いのはどれだ!?煮付け偏の結果がでました。

【煮付け偏】

 

1位【エテガレイ】

2位【ヤマガレイ】

3位【アカガレイ】

 

この結果に収まりました!

※飽くまで私のランク付けなのでご了承ください。

 

アカガレイ残念でしたね。怪獣みたいな顔をしてるので個人的に結構好きなんですけどね・・・w

お気づきだと思いますが今回は煮付け偏となっています。書いてみて面白かったので他の料理偏も更新しようと思います!今回はこのへんで!

 

それでは!