お祝い事などで魚を用意する際にどうしても手に入らなかったとき代用できる魚といえば思い浮かぶのはどれでしょう?

今回はそのような事態が起こったときのどぐろ代用として使えるのかについてです。

お祝い事の魚といえば

お祝い事にも色々種類はありますよね。

・入学、卒業祝い

・就職祝い

・出産祝い

などなど、、、

そんなめでたい席の魚といえばまさしく鯛です。

他にもキンメダイ、アマダイ、ホウボウなどが挙げられます。

就職祝いなどでは出世魚が使用されることもありブリをはじめ

スズキなども使われるそうです。

魚以外にもお正月によく見かける数の子やエビなどの魚介類も該当します。

のどぐろは代用の魚として使用可能か?

そういった魚が手に入らないときのどぐろは代用として役割を果たしてくれる魚でしょう。

近年高級魚としての知名度が上がったこと、その色合いや味など十分祝い事などにマッチすると考えます。

日本は昔から赤い色を神聖なものとして扱う習慣があったそうです。

先ほど紹介したキンメダイ、アマダイ、ホウボウも赤いですね。

のどぐろは嗜好性の高い魚というイメージが浸透しつつありそういった祝い事やおめでたい席では今後頻繁に見られることでしょう。

出産祝いに最適?

のどぐろは出産祝いの魚として効果が持てる?

のどぐろには豊富な栄養があった!貴重な栄養素と意外なカロリーでも紹介したようにのどぐろは滋養の効果が期待できる魚なのです。

産後の体力回復などにはピッタリかもしれませんね。

本気のお祝い事なら控えるが吉?

のどぐろを鯛などの代用として使用は可能と紹介しましたがひとつ注意点があります。

知名度があがってきているとはいえ知らない方も多いと思われます。

お堅い関係お祝い事などには使用しないほうが良いかもしれません。

身内や親しい友人間なら問題はないでしょう。

・入学、卒業祝い

・結婚祝い

・出産祝い

・出世祝い

・親の還暦祝い

などが良いでしょう。

まとめ

・のどぐろはお祝い事の魚として使える

・日本は昔から赤を神聖な色としている

・滋養効果が期待できるので出産祝いにピッタリ

・知らない人もいるのでよく考える

・身内や親しい友人なら問題なし

今回は鯛などの代用でのどぐろは使用できるのか?でした。

のどぐろは姿も味も金額もそれ相応の魚で決して他の魚に劣ることはないと私は考えます。

近い将来一般的なお祝い事にのどぐろが活躍するかもしれませんね。