のどぐろのサイズにも80グラム前後の小さいものから300グラムを越える大型のものまで様々です。値段も大きくなるにつれて高くなります。

大型ののどぐろは美味しいと紹介されていることがありますが、小さいものは美味しくないのか?大きいものは小さいのどぐろよりも美味しいのか?

なぜ大きいのどぐろ美味しいのでしょう?

なぜのどぐろは大きいものが美味しいのか?

大型ののどぐろが通販ショップなどで紹介されていますが大きさで味が変わるのかと疑問に思ったことはありませんか?

それはのどぐろ特有の脂に原因があります。やはりといったところでしょうが大きいサイズのものは小さいものに比べて脂の乗りが断然に違ういうことです。

もうひとつの要因は身の厚さにあります。口の中に入れた際の食感の違いは小さいものとはやはり違い大型のものは身が厚い分柔らかさがあり特に美味しいとされています。

大きさでのどぐろの味そのものは変わるのか?

先ほど紹介した脂の乗りや身の厚さ、食感などは別としてのどぐろ自体の味についてはさほど大差はないと思われます。

このように小さいのどぐろでも十分に美味しく食べれます。

のどぐろの大きさと値段の変動

のどぐろだけではありませんが魚は大きくなるにつれて値段が高くなります。のどぐろの場合だと高級魚とされていますので大きいものはかなりの値段になります。港での競りで中型のものでも一匹3000円~4000円ほどで取引されていましたのでそれ以降の業者の値段もかなりのものになることが分かります。

小型のものでも安くて500円くらいの値がつきます。魚の単価としてはかなり高いほうです。

一般的に購入すると一番大型ののどぐろは一匹1万円を軽く超えることもあります。一人で食べるには充分すぎるほどの大きさで大人5~6人前くらいのサイズです。

このくらいの大きさになると私の場合は刺身や湯引き、寿司のネタにしてしまいたいですね~。

大きいのどぐろの美味しい食べ方

大型ののどぐろの美味しい食べ方はいくつかあります。

最初は塩焼きです。魚の中で一番ポピュラーな食べ方ですが家にグリルなどがある場合が好条件です。最近IH式が増えているので専用の器具がないと魚を上手に焼けないこともあるようです。

干物など加工されていないのどぐろの場合きちんとウロコと内臓を取り除きましょう。表面に軽く塩をふって後は焼くだけで完成です。皮と身の間から旨味の詰まった脂がジュワ~と溢れ出てきて口に入れると身と脂の最高なマッチングが楽しめます。

次に刺身、湯引きがオススメの食べ方です。大きいのどぐろは刺身にすると美味しいのですが、余分な脂を少し落としてさっぱりした感じがいいなら湯引きがオススメです。

用意するもの

・まな板

・薄い布(なければキッチンペーパー)

・お湯

・氷水

生ののどぐろを皮のついたまま刺身の策取りにします。まな板にのどぐろを乗せます。このとき皮を必ず上面にしましょう。キッチンのシンクにのどぐろの乗ったまな板を斜めに立てかけます。薄い布(なければキッチンペーパー)を身の上にかぶせてお湯をかけます。

その後すぐに氷水にのどぐろを移してください。こうすることによって身が引き締まります。後はお刺身と同じ様に盛り付けて完成です。

まとめ

・のどぐろは大きさで脂の量と身の食感が変わる。

・そのものの味はそんなに大差はない。

・大きいのどぐろのオススメの食べ方は塩焼き、刺身、湯引き

・高級魚なので大きさによって値段が大幅に変動する

大きいものも美味しいですがいやいや、そんなことありませんよ。小さくてものどぐろはしっかり美味しいのですよ。私は漁師時代の頃のどぐろを食べる機会が多くありましたが小さいものもなかなか美味しかったですよ。それでは^^