ついに美味しい魚介大全にも寄生虫カテゴリーが出現しました!理由としては魚を美味しく食べる上で非常に関係性があると自分なりに捉えたからです。主に取り除く方法とかになると思いますが私的にもかなり興味深いジャンルになるので勉強しながら発信できればと思います。

アニサキスとはどんな寄生虫なのか?

近年よく耳にするようになったアニサキスですがどんな寄生虫なのか?アニサキスとは主に魚の内臓に寄生する寄生虫です。白っぽい半透明の体色で糸のように細く全長は約2~3センチです。

 

アニサキスは鯨の体内で産卵し排泄された卵はオキアミなどのプランクトンのエサになり孵化します。そして食物連鎖で魚に寄生していきます主に私たちが普段食しているサバ、アジ、イカ、タラ、サケなどに寄生しますがその他の魚にも多く見られることがあります。

 

魚が生きているうちは内臓に寄生していますが魚が死ぬと身へ移動を始めます。ただし例外もあり、魚が生きていても身に寄生していることもあるそうです。

釣った魚、生きているうちに購入した魚などは早めに内臓を取り除くことをお勧めしておきます。なぜ取り除かないといけないかというとアニサキスは人間の体内に入るととても危険なことに発展してしまいます。

 

 

アニサキスが人間の体内に入るとどうなるのか?

アニサキスが人間の体内に侵入するとまず胃の壁に寄生しようとします。そうです、胃を食い破ろうとするのです。そのときに生じる激痛はとてつもないものだと聞きます。食後3時間ほどで症状が出始め吐き気と胃の痛みに襲われます。これを胃アニサキス症といいます。

 

痛みは人により異なりますが常に胃を刺されているような痛みだそうです。体内での感染日数は約一週間といわれていますが慢性化すると何ヶ月も生存する可能性がある。考えてみてください・・・何ヶ月も自分の体内に寄生虫がいるのを・・・。

 

治療方法は開腹手術か胃カメラで確認したのちに特殊な器具を使い取り除く方法です。アニサキスを摘出する動画です。※グロ注意※

グロい・・・

 

アニサキスを死滅させる方法

胃アニサキス症は生きたアニサキスが体内に侵入することで発症します。ちなみに死んだアニサキスを食しても大体の場合なんともありません。

 

つまり口にする前に死滅させることが重要となります。

 

お刺身などには毒消しのためにワサビなどの薬味が添えられていますが効かないそうです。ミョウガとかめっちゃ効き目ありそうですよね?でもヤツには効かないんです。

 

アニサキスは人間の目視で確認できるほどの大きさなので見つけた場合取り除くことが可能です。そしては少しでも体に傷がいくと死んでしまいます。

 

イカの刺身の飾り包丁を見たことありますよね?あれ実はアニサキスを切るためと見栄えを良くするためなんです。

 

その他は

・マイナス20℃の冷凍庫で2日以上冷凍すると死ぬ。

・加熱処理をすることが一番の対処法

とされています。

そりゃそうですね。焼いても死なない寄生虫がいたら今頃大変なことになってるはずですからw

 

まとめ

・白っぽい半透明の体色で糸のように細く全長は約2~3センチ

・鯨の体内で産卵し排泄され食物連鎖で魚に寄生

・魚が生きているうちは内臓に寄生していて魚が死ぬと身へ移動を始める
(例外もあり)

・サバ、アジ、イカ、タラ、サケなどに寄生しその他多くの魚にも見られる

・人間の胃に寄生すると激痛と吐き気がする

・感染日数は約一週間といわれているが慢性化すると何ヶ月も生存する可能性あり

・薬味が効かない

・少しでも傷をつけると死ぬ

・マイナス20℃の冷凍庫で2日以上で死ぬ

・加熱処理が一番効果的

 

 

どうでしたか?
私はもっとヤバそうな寄生虫がいないか探したくなってきましたw

魚を美味しく食べるためにこういった知識は身につけておきたいですね!

 

それでは!