カニを食べるとき「甲羅のこの黒い粒はなんだ?」って思ったことありませんか?

今回はその【カニの甲羅の粒の正体】についてです。

甲羅の黒い粒の正体は寄生虫の卵

 

カニの甲羅の粒の正体・・・

それはずばり【カニビル】という寄生生物の卵なのです。

体調約10センチ、細長く口は吸盤のようになっており、

よく見ると細かい歯のようなものがある。

簡単に言うとミミズのちょっと硬くて口が吸盤になった感じです。

寄生虫と聞くとちょっと引きますが実はカニ自体に寄生しているのではなく、

卵を産み付けているだけです。

カニだけではなくバイ貝などの貝類にも付着していることもあります。

ではそのカニビルが何をエサにしているのか?

カニビルは泥のある海底に生息し、

主にカレイの体液を吸って生き延びている寄生虫です。

実際、私が漁師のときもヤマガレイやアカガレイの腹に引っ付いているのを見たことがあります。

そういった海底にはカニビルの卵を産み付ける岩などがありません。

なのでカニの甲羅やバイ貝の殻に卵を産み付けているのですね。

またそうすることによりカニや貝が動き回り効率の良い繁殖活動ができるのです。

カニビルかしこいですね^^

 

黒い粒がついている方が良いカニと言われるのはウソ?

 

一昔前は「この黒い粒がたくさんついているカニは美味しいカニなんだ!」とかよく聞きましたが、

実際のところは脱皮後どれだけ時間が経過しているかの目安として言われています。

カニは脱皮をすると殻や甲羅を固くなるまで時間がかかり、さらに中身は前のサイズのままなので身がスカスカの状態です。

脱皮後の水ガニ(若ガニ)にも付着しているのを確認していますが産み付けられたばかりの小さいサイズの粒だったりします。

カニビルの卵も時間が経つにつれて大きくなっていくことがわかります。

時間が経つとカニの身もつまって私たちが食べる際に最高の条件になるのです。

つまりあくまで目安として捉えてほしいですが私はカニビルの卵がたくさんついているほうが身が詰まっていて美味しいカニだと思います。

 

食べても問題ないのか?

 

甲羅についている粒自体は茹でたり鍋に入れたりすると熱で死滅するので問題はありませんが、カニビルの成体は食べてはいけません。

カニビルなどの深海の寄生生物はその生態がまだはっきり解明されていないので何が起こるかわかりません。

私は底引き漁船に乗っていた頃、カニビルを茹でて食べたことがあります。

その味と食感は・・・

味はないけどコリコリしてる

「ポン酢つけたらいけるんじゃね?」

 

とアホなことをしていました。

私は食べても特に問題は無かったですが、

絶対に真似しないでください。

 

カニの体内にもいるのか?

 

カニビルの歯はカニの殻のような固いものは削りきれないのでカニの体内にいることはまずありません。

ごく稀にカニの間接部分に引っ付いているものも見たことがありますが侵入することはできないみたいです。

やわらかい間接部分でも食い破れないのですから心配はないです。

 

黒い粒の取り方

 

黒い粒が気になるならば取ってしまいましょう!取り方は簡単タワシで軽くこするだけ!

カナタワシでやると細かくキレイに取れちゃいます。

タワシが無い場合包丁の先で軽くこすると取れます。

これで気兼ねなくカニを食べる準備ができます。

 

黒い粒はカニにも人体にも無害

 

カニの甲羅の黒い粒でしたがその正体を知ってしまえばそんなに悪いものではないのです。

ただ卵を産みつける場所が無く仕方なしにカニビルがカニや貝類に頼っているのです。

カニにも人にも完全に無害

ただ黒い粒は卵であり茹でれば死滅して問題ありませんが成体は私のように茹でて食べるようなことは絶対にしないでくださいね。

それでは^^