2016y11m21d_082937247

さささっささ~、鯖がたべたい~♪
どうも、これからタラバガニのことを書こうとしているのにス○ローのCMを見て完全にサバの口になってる魚峰です。お鍋やその他の料理。どうせ食べるなら良いカニにしたいという方は必見です。鮮度の良い選び方について紹介したいと思います。

カニの鮮度について

 

食用とされている生きたカニは水温の管理がとても難しく少し間違えただけですぐ死んでしまったりします。そのためそのほとんどが輸入のカニは船内で水揚げ後すぐにボイル、冷凍されます。

しかし北海道の一部加工業者の場合生きたままの状態で輸入することも可能で鮮度が良いのです。色々な場所を通る過程が少なくて品質が良いということですね。

港に着くまでに死んでしまったカニなどは冷凍されるのですが死んでから冷凍すると身がスカスカになってしまいます。もちろん安く取引されるのですが安いからといってそればかりを買い占める業者も多々あるといわれています。そういった業者が粗悪品販売の元になるのです。

訳ありの良し悪し

訳ありってきいたことありますよね?数あるショップの大体にそういった商品がちらほらあると思います。訳ありにも【良い訳あり】と【悪い訳あり】があります。

悪い例が、スカスカのカニの脚に水増しをする、アブラガニなどの別種のカニを使用している、腐る一歩手前などもトラブルもあるそうです。

本当の訳ありとは品質には問題は無い商品価値のある物のことです。脚が間接から取れているや少々のヤケや傷があるが食べることには問題の無いカニのことです。間違った訳ありを購入しないよう注意しましょう。

 

品質の良い訳ありがあるショップ

 

見た目には傷や色むら(ヤケ)があるが品質は正規品と同等の良いカニが販売されているショップを選びましょう。

[colored_box color=”option” corner=”r”]

【カニの浜海道】

2016y11m21d_075600772

訳ありで品質の良いカニが手に入ります。最盛期に獲れた堅蟹(かたがに)を使用しているので身がしっかり詰まっている高級訳ありガニなども販売しています。船内で水揚げ直後にボイル、冷凍を行っているため鮮度が良いことで有名です。

[btn_l color=”option” corner=”r” url=”http://hamakaido.jp/”]>>公式ページはこちら<<[/btn_l]

[/colored_box]

カニの浜海道というショップでは訳ありで品質の良いカニが手に入ります。最盛期に獲れた堅蟹(かたがに)を使用しているので身がしっかり詰まっている高級訳ありガニなども販売しています。船内で水揚げ直後にボイル、冷凍を行っているため鮮度が良いことで有名です。

一例でしたが今回はこの辺で^^カニ選びで失敗しないようにこの冬を楽しみましょうね。