私たちが食べるカニの中でメジャーな部類に属するズワイガニ。全国の日本海側で水揚げされていますが一番水揚げされているのはどこなのでしょうか?カニと言ってもズワイガニやタラバガニや毛ガニといろんな種類がいますが今回はズワイガニにフォーカスを合わせて紹介して行きたいと思います。

意外に知られていないカニの産地

日本では年間約3万トンのカニが漁獲されていて一匹の重さが約600グラム~1500グラムと言われているのでつまり年間約300万匹ものカニが日本では漁獲されているのです。

その内でも北海道では約6500トン 全体の約20パーセントものカニが漁獲されていますその数なんと60万匹! さすがは海鮮大国北海道!全面海に囲まれてるだけあって海鮮関係は強いのですね!

カニにも種類がいっぱいありますが今回のテーマのズワイガニはどれくらい漁獲されているか?カニ全体でみると実はそんなに多くなく全国で約3300トン、カニ全体でみると11パーセントとズワイガニ自体の漁獲量が多くなく、北海道のズワイガニの漁獲量はと言うと約100トンで全体の3パーセントしか占めていません。これは以外・・・。

ズワイガニの漁獲量日本一はどこだ!?

農林水産省の調べによると平成24年度のズワイガニの水揚げ量が1,373トンと最も多かったのはなんと兵庫県でした。翌年平成25年度はお隣鳥取県が一位となっています。

それ以降は横這いと減少を繰り返しているみたいです。二つの県で全国のズワイガニの半数もしくはそれ以上の漁獲量があります。兵庫県ではズワイガニを松葉ガニともいいます。それだけたくさん獲れているからこそブランドが付くのでしょうか。思い返してみれば北海道のズワイガニはそのままズワイガニと呼びますね。

兵庫県のカニで有名な地方と言えば香住、柴山、津居山、浜坂といくつか漁港がありますがその中でもおそらく香住漁港か柴山漁港で多く水揚げされているのではないかと思います。

ズワイガニの流通先が知名度を左右している!?

日本海側の漁港に比べ北海道はカニのイメージが強い傾向にありますがそれはなぜなのでしょうか?推測してみた結果は流通先などで影響しているのではないかと思われます。

北海道のズワイガニは冷凍などの加工を施された後に通信販売などによって全国に届けられることが多いので各通販業者の宣伝広告などで取り上げられ知名度が増すということではないかと思われます。

それに加えて北海道は様々な魚介類の宝庫ともいわれるほど豊富に資源があるためとも考えられます。更に通常のサイズに比べて巨大なズワイガニが北海道には出回ることも消費者の注目を引く原因ともいえますね。

それに比べると日本海側などでは民宿や百貨店、近畿各地のスーパーに流通することが多いのかもしれません。もちろん通販などでも販売されています。これは飽くまで私の推測にすぎませんので鵜呑みにはしないで下さいね。

まとめ

・ズワイガニの全国の漁獲量は約3000トン前後。

・そのうち北海道は約3パーセントくらい。

・ズワイガニは兵庫県で多く水揚げされていた。(平成24年度)

・北海道のカニの知名度が高いのは通販などによる宣伝が原因?

・北海道の巨大なズワイガニが消費者の注目を集めている?

毎回ざっくりとした記事ですみません・・・
ちなみに私が漁師をしていたのは兵庫県の香住漁港です。最後にどうでもいい情報ですみません!(笑)

それでは!

【関連記事】

カニの鉄砲汁は食材や味付けの違いがある!

紅ズワイガニとズワイガニの違いは色だけではない!

ズワイガニは二種類あった!?その茹で方の違いとは?

品質に問題なし?カニの訳ありを購入する際のメリットとデメリット

セコ蟹解禁日!調理方法、保存方法