トラフグが素人料理ご法度なのはご存知ですか?
調理するためには免許を取らなければいけません。
正確に言うと免許の呼び名は色々あるので今回はその種類と必要性についてです。

都道府県別に違うフグの免許の呼び名

フグの免許の呼び方は都道府県によって異なります。全部一緒にすればいいのにと思いますが全て同じ資格として扱われます。

都道府県別の名称

【フグ処理師】

京都府
愛知県
千葉県
奈良県
鳥取県
山口県
香川県
高知県
福岡県
熊本県
宮崎県

【フグ処理者】

栃木県
岐阜県
沖縄県
埼玉県
東京都
滋賀県
鹿児島県

【フグ包丁師】

神奈川県

【第二種フグ取扱者】

茨城県

【ふぐ処理資格者】

石川県

 

などなど色んな呼び名がありますね。

その他の都道府県では講習のみで取得できてしまうこともあるそうです。
フグの調理は人の命に関わる責任重大なことですので自分としてはもっとしっかりとしたほうがいいと思います。

不祥事が絶えない世の中ですから何があってもおかしくありません。
通常の試験では筆記試験と実技試験がありトラフグだけでなくその他の種類の毒性をもつフグと内臓の種類などを見分ける内容となっています。

その他調理実習を行うこともあります。また都道府県によって異なりますが免許、及び資格をもつことで食品衛生責任者の講習免除の対象になることもあります。(食品衛生責任者の講習といっても講習会に参加するだけで取得できてしまいますが。)

 

フグ免許には受験資格いるって知ってました?

 

一般的な免許獲得における受験資格があるって知ってましたか?
実はかなりしっかりしている内容なのでこれから取得したい方には知っていて欲しい内容です。

免許獲得のためには調理師免許保有者で更にフグ調理師の下で関連する業務に2年以上従事する必要があります。(先ほども述べましたが都道府県によって異なります。)

2年も!?って思いますか?自分はたった2年と感じますが。それだけ価値があり、責任のある免許ですから2年なんて惜しくもありません。魅力に感じるかは人それぞれかもしれませんが持っていて損は無いのは事実ですから。

 

フグの免許を使う仕事はなにか?

 

フグの免許を使う仕事ってもちろんフグ料理屋さんのイメージがありますよね?確かに圧倒的に飲食店が多いのですが他にも漁業関係、加工食品製造、海洋調査関連など様々です。

その他飲食業界で自営業などを考えている方にはとても役に立つでしょうし、給与も普通の従業員とは異なることも多くとても価値のある免許といえるでしょう。

余談ですが最近ではフグの免許を持っているお魚捌く系YouTube rもいて実際にフグの調理を投稿したりもしています。何かを紹介するのが彼らの役目ですからそこで役に立っているのもまた事実なのですね。

下の動画はきまぐれクックのかねこ氏のフグ免許(実技)の受かるトラフグの捌き方です。

フグの免許をこれから取得したい方は参考にしてください。

かねこ氏素晴らしいよ・・・

まとめ

フグの免許は各都道府県によって呼び名が異なり試験内容、難易度が異なる。

責任重大な免許なのでもっと難しくしろ!(個人的意見)

フグの免許が使える仕事は飲食店だけではなく他にも色々ある。

 

フグは免許を取ってから!
絶対に守りましょうね!それでは^^