ホヤって一体なんの生物なんでしょうね?包丁で切ると水が噴出してミスると台所掃除が大変だし。けどちょっとグロい見た目でも中身はなかなか美味しいし。癖があるから好き嫌いが激しいし。みんなあんまり食べる機会が無くて美味しい食べ方が出来ていないかもしれませんね。別名もあるみたいですね。海のパイナップル?どう見てもドラゴンフルーツやないか。

ホヤの美味しい食べ方

ホヤは独特な味わいがあり一言では言い表せないものです。苦味と磯の風味、甘さの中になにやら濃厚なものも感じます。好き嫌いがはっきり別れるのも特徴ですね。お酒のアテには良く合うので大人の味とも表現されることも多いですね。

アバウトな表現ですみませんねぇ!なんせ私も2回ほどしか食べたことがありませんので!

動画サイトなどでホヤを捌いて食べている人達がいますがそのほとんどが刺身か酢の物ですね。でもホヤの食べ方ってまだまだあるんですよー。

刺身、酢の物はもちろん焼き、天ぷら、雑煮、うどん、蒸し、干し、塩辛、海鼠腸(このわた)とホヤを混ぜる莫久来(ばくらい)というもの、その他燻製や生のまま汁物にしたりネギや豆腐と一緒食べるなどなど・・・。宮城県ではご飯の上に適当に乗せて醤油をかけて食べるとか。

私たちが卵かけご飯を食べる感覚(?)のようなものなのでしょうか?ホヤかけご飯?TKGならぬHKG。贅沢だなぁ。

刺身派?酢の物派?

一般的に知られている食べ方は刺身と酢の物ですが食べたことのあるあなたはどちら派ですか?一般的にはどちらも生だからそんなに大差は無いんじゃない?って思いますよね?作り方によっては変化があるかも知れませんが違いは多少あります。

ホヤの刺身の特徴はズバリお酒のアテにもってこいです!HKGも美味しいらしいけどそちらは産地の方々に任せておいてなかなか手に入らない我々は刺身を楽しもうじゃありませんか!

ホヤの苦味を存分に味わいたい場合はぶつ切りにするといいそうです。反対に苦味を抑えたい場合は細切りにして食べるといいです。食べたら分かります!酒に合うアテという言葉が理解できてしまう人生に一度の経験が出来るかもしれません!大人の階段を登るとは正しくこの事!

すみません、熱くなってしまいましたね。

次は酢の物に移りましょう!皆さんホヤの旬はご存知でしょうか?初夏から夏いっぱい位が美味しくいただける時期なのです。ホヤで作った酢の物は最高でホヤ酢とも呼ばれます。

こちらもお酒のアテにもってこいの一品ですね!普段のご飯にも合う美味しいおかずにもなりますね!お酢との相性も抜群でさっぱりしてるので初めて食べますって方にはいいかもしれませんね!

ただホヤのデメリットは傷むのが早いことです。お刺身もホヤ酢も必ず鮮度がいい状態のホヤを使用しましょう。生もの系でお腹を壊したら大変ですからね。

私的感想になってしまいますがホヤ酢のほうもお酒のアテにはいいかもしれませんがどちらかと言うと刺身のほうが好きです。(酒が好きだからかも…)魚介類は極限に生の状態が好きなので…

あなたはどちらの食べ方が好きですか?まだ食べたことのない方も試してみるのもいいかもしれませんね!